【レビュー】「iPhone 6 Plus」用アルミ削り出しバンパー「U nook」のシンプルさと美しさの惚れ惚れ

U nook
iPhone 6 Plus」ケースは「iPhone 6」に比べて非常に限られている。その中でもオシャレで格好良く、他の人が手に入れないようなレアなケースが欲しいと思う人は僕だけではないだろう。


以前、ウルスのアルミニウム合金を採用したバンパーケース「GRAVITY CASTRUM」を紹介したが、今回は同じく高級感とシンプルさを兼ね合わせたバンパーケース「U nook」を送って頂いたので、紹介する!

ジュエリーの化粧箱のような高級感溢れるパッケージ

「U nook」はそもそもパッケージが美しい。まるで化粧箱のような真っ白なボディに「U nook」の文字が光る。
U nook
開けてみるとそこにはまるで高級ジュエリーであるかのような梱包がなされている。見ての通りこのパッケージは横開きとなっていて、開封部分にマグネットが仕込まれているのだ。高級バンパーだからこそパッケージにこだわるというのはユーザーとしても開けるときのワクワク感が倍増するので嬉しい。
U nook
GRAVITY CASTRUM for iPhone 6 Plus」は取り付けるのに多少手間が掛かったが、「U nook」は非常にシンプル。上下のパーツで挟み込み、ネジ部分を締めるだけだ。
U nook
これが用意されているパーツ。ネジ部分は10円玉などで回すことができる。
U nook
それぞれのボタン部分はケースに覆われ、Lightningポート、マイクとイヤホンジャック、スピーカーは開けてある。
U nook

アルミ削り出しの美しさが本体にジャストフィット

それでは早速「iPhone 6 Plus」に「U nook」を取り付けてみた。ゴールドモデルにマッチする美しいデザインとなっている。
U nook
こちらがスリープボタン側。バンパーに溶け込んでいるデザインが気に入っている。
U nook
右上にあるネジでバンパーケースを固定する仕組み。このネジが露出しているのも、他がシンプルだからこそ格好良い。
U nook
こちらが底面。それぞれのパーツがしっかりと露出しているため、日頃使っていて支障をきたすことはない。
U nook
こちらが音量ボタンとマナーモードスイッチ側。説明書にも書いてあるが、マナーモードボタンは有効にした状態でなければケースが刺さらないので注意が必要だ。
U nook
ケースを僅かに覆うようなデザインとなっていて、突起しているカメラ部分もカバーできているようだ。毎回レビューするケースに対してこの点を確認しているが、カメラを傷つけたくない僕としてカメラの突起をカバーできることは非常に重要なのだ。
U nook
上から見た様子。一見ケースを付けているか分からないほど本体とマッチする。
U nook
ホームボタンのゴールド部分とバンパー部分とも相性抜群だ。個人的にはこの角度が一番好きだ。
U nook

ボタンがほとんど突起していないデザインがお気に入り

これまで何本もiPhoneケースをレビューしてきたが、「U nook」の最も気に入っているところはボタンがほとんど突起していないということ。つまりバンパーを指でなぞった時に明らかにボタンが飛び出ているのではなく、さり気なくある仕様になっているところが好きなのだ。
U nook
音量ボタンもスリープボタンもほとんど突起していないことがお分かり頂けるだろうか。シンプルだからこそ、美しい。
U nook
「U nook」は他の人とそう簡単に被ることはないであろう、高級「iPhone 6 Plus」ケース。「iPhone 6」用もあるので、気になる人は以下からどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー