【レビュー】「AndMesh Mesh Case」は「iPhone 6s」でも使える、触り心地抜群のメッシュケース

IPhone6s Andmesh Case
「iPhone 6s」を購入して早々にディスプレイをバキバキにする猛者もいるぐらいなので、僕もいくら自宅にいるとは言えケース無しで生活するのは不安が大きい。

そこで「iPhone 6 Plus」で一時期愛用していた「AndMesh Mesh Case」の「iPhone 6s」用を提供して頂けることに。「AndMesh Mesh Case」といえば純日本製で汚れや衝撃に強く弾力性のある「エラストマー」という新素材を採用しているケース。個人的に触り心地が好きだ。


今回もカラーはレッド!「iPhone 6s」に取り付けてみたので紹介する!

「AndMesh Mesh Case」をチェック

こちらが「AndMesh Mesh Case」。シンプルで開けやすいパッケージが好印象。
IPhone6s Andmesh Case
iPhone 6」にも対応し、「iPhone 6s」でも利用できる。世界最大規模の国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞」も受賞しているケースであることは以前も紹介した通り。
IPhone6s Andmesh Case
早速本体をチェック。柔らかすぎず、硬すぎず!持ち心地抜群の「エラストマー」が「AndMesh Mesh Case」の魅力でもあり、強みでもある。
IPhone6s Andmesh Case
実は内側に「AndMesh」と「Made in Japan」と書かれていた。全く気が付かなかった。
IPhone6s Andmesh Case
音量ボタンはしっかり覆われ、マナーモードボタンは爪先で切り替えるような作りになっている。
IPhone6s Andmesh Case
カメラホールは十分な広さが取られている。電源ボタンは覆われていて、SIMカードトレイはケースを付けた状態ではアクセスできない。
IPhone6s Andmesh Case

「iPhone 6s」に取り付けてみた

「AndMesh Mesh Case」
それでは早速「iPhone 6s」に取り付けてみることに。画面にはAnker製の保護ガラスを付けてある。
IPhone6s Andmesh Case
イヤフォンジャックやLightningポート、スピーカーグリルやマイク用のスペースはしっかりと開けてある。
IPhone6s Andmesh Case
電源ボタン側と端末上部。
IPhone6s Andmesh Case
マナーモードボタンと音量ボタン。
IPhone6s Andmesh Case
カメラの突起部分はケースの厚みでカバー。
IPhone6s Andmesh Case
遠目から見るとAppleロゴがしっかりとメッシュ部分の隙間か除いて見えるのも「AndMesh Mesh Case」の魅力の1つ。
IPhone6s Andmesh Case
「AndMesh Mesh Case」は2,700円で販売中。そこそこリーズナブルな価格で期待を裏切らないケースが欲しいけど何を買えばいいか分からない、という人にはお勧めできるお気に入りのケース。iPhoneを落とす癖がある人は検討してみるべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告