【レビュー】シンプルで安い!「Spigen Thin Fit」は本体のデザインを邪魔しない「iPhone 6s」対応ハードケース

IPhone6s Spigen Thin Fit Case
iPhoneのケースにはこだわらないが、iPhoneそのもののデザインを損なわない安いシンプルなケースが欲しい、という人に是非ともお勧めしたいケースが「Spigen Thin Fit(シン ・フィット)」。

ケース本体の重さたったの18g取り付けた時の厚さはたった8.5mmという、ケースを付けているかどうかさえもパッと見ただけでは分からないほどシンプルで無駄のないハードケースだ。価格も記事執筆時点(2015年9月26日 18時50分)では1,393円で販売中。「とりあえずケースが欲しい」という人にとってもベスト・バイだ!

クリスタル・クリア」「シマリー・ホワイト」「ブラック」「ミント」「ローズ・ゴールド」という5色展開になっているが、今回最もシンプルな「クリスタル・クリア」を1つご提供頂いたので、早速紹介する!

薄くて軽い!ケースを付けたくない人にも良さそう!

「Thin Fit」はとにかくシンプルだ。「AndMesh Mesh Case」を除き、ICカード収納型ストレートタイプのケース以外を付けたのが久しぶりだったので取り付けたiPhoneを手に持った時の感覚は非常に新鮮だった。

シンプルな作りということは、取り付けも取り外しも非常に楽であるということ。その代わり、iPhoneそのものが守られている部分が少し少ない。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
底面も端子部分以外を覆うのではなく、大きく開いた作りになっている。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
電源ボタンはしっかりカバー。ケースをしていてSIMカードトレイが見えていることに違和感を感じてしまう。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
端末上部も大きく開いている。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
マナーモードボタンと音量ボタンはしっかりと覆われている。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
カメラ部分も他のケースと大きく変わらないカメラホールが用意されている。
IPhone6s Spigen Thin Fit Case
冒頭でも書いた通り、僕はICカードが収納できるストレートタイプのケースであることが普段用として使うことができる条件となっているが、このようなお手頃価格で購入できるケースは手元にあると意外と便利。例えば、僕はほぼ毎日ランニングしているのだが、ランニング時にあえてICカードを持ち運ぶ必要性はない。汗で濡れてしまうリスクも考えるとランニング時のみ「Spigen Thin Fit」に付け替えるという使い方もできそうだ。

価格は1,393円(記事執筆時点)。落とし方によってはディスプレイもバキバキになることが既に証明されているので、まだケースを買っていないという人は以下からどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー