【レビュー】「iPhone SE」対応!「タフ・アーマー」は落下に強い、二重構造のタフケース

Spigen Tough Armor iPhone SE Case
先日、「iPhone SE」対応タフケース「ラギッド・アーマー」を紹介した。万が一落としても画面割れや本体割れを未然に防ぐことができる頑丈なケースでありながらゴツゴツしていないことがとても気に入っている。


今回紹介するのは同じ類のケースだが、二重構造となっているためさらに強度は高まっている。iPhone SE」対応の二重構造タフケース「タフ・アーマー」をまたしても1台提供して頂いたので、紹介する!

TPU素材×ポリカーボネートパネルで補強する二層構造

ラギッド・アーマー」はプレミアムTPU素材のみでできていたのに対し、「タフ・アーマー」はプレミアムTPU素材のインナーカバーをハードなポリカーボネートパネルで補強するという二重構造型になっている。強度は「タフ・アーマー」の方がありそうだ。

ケース本体に厚みがあるが、各ポート周りは比較的広く開いているので使いやすいはず。少なくとも僕の手元にあるサードパーティ製のLightningケーブルは問題なく使うことができた。ただ、有線イヤホンに関しては端子部分の形状によっては入らない可能性もありそうだ。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
ボタンもしっかりと覆われ、丸みのあるボタンではなく角ばった押しやすいボタンになっている。マナーモードスイッチは奥の方にあるが、十分な広さが取られているため扱いやすい。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
電源ボタンも同様の加工が施されている。「タフケースはゴツゴツしていなければダメ」という人にとっては好みではないだろうか。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
カメラホールは十分な広さが取られているが、なぜかAppleロゴ部分までもくり抜かれている。ハッキリ言おう。僕はこの手のデザインが大嫌いだ。そもそもiPhoneを頑丈に守るためのケースなのに無駄にAppleロゴだけ見せようと思ったのか。iPhoneを守るということはAppleロゴも含めて守れるようにカバーするべきではないのだろうか。僕個人としてはAppleロゴがくり抜かれていない方が好みだ。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
手に持ってみたところ。持ち心地としては非常に良いが、ケースの厚みのせいで少しサイズ感が増している。ポケットから多少出し入れしづらくなるかもしれない。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case

ケースを比較:ラギッド・アーマー VS タフ・アーマー

ラギッド・アーマー」と並べてみるとやはり「タフ・アーマー」の方がゴツゴツしている。強そうなケースが欲しい人にとっては「タフ・アーマー」の方が良いかもしれないが、「タフケースの耐久性さえあれば見た目は極力スマートであって欲しい」という人は「ラギッド・アーマー」の方が良いだろう。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
Appleロゴがくり抜かれていることを抜きにしても、僕は「ラギッド・アーマー」のデザインの方が好きかな。
Spigen Tough Armor iPhone SE Case
iPhone SE」対応の二重構造タフケース「タフ・アーマー」は記事執筆時点で3,590円で販売されている。より男らしく、より頑丈なiPhoneケースが欲しいという人は買ってみてはいかがだろうか。


「ラギッド・アーマー」のレビュー記事は下記からどうぞ!


iPhone SE」そのもののレビュー記事は下記からどうぞ!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告