【レビュー】Apple純正ドック「iPhone Lightning Dock」を買ってみた!デザインはシンプルだが、価格が高すぎる

iPhone Lightning Dock
Appleからようやく純正のiPhone用ドックが正式に発表された。4,500円という信じられないほど高い価格だが、果たして価格相応なのか。


実際に買ってみるしか良し悪しは判断できない、ということで先日「iPhone Lightning Dock」を買ってきたので早速紹介する!

程良い重さのある土台にLightningポートのあるシンプルなドック

iPhone Lightning Dock」はとにかくシンプルな製品だ。iPhoneをしっかりと支えられるように程良い重さのある土台の上にLightningポートが1つ突き出ているだけ。これといった特徴がない、シンプルなデザインだ。
iPhone Lightning Dock
このドックをLightningケーブルで接続することによって使用する。イヤホンジャックも用意されているのでiPhoneが置かれた状態であればスピーカーに繋げて音を出力することもできる。マイク付きリモコンであればリモコンで操作することもできる。
iPhone Lightning Dock
横から見た図。とにかくシンプルだ。
iPhone Lightning Dock
あまりにもシンプルなのでこれが4,500円ということには多少疑問を感じずにはいられない。
iPhone Lightning Dock

iPhone 6 Plus」を設置してみた

ドック本体そのものを眺めていても何も分からないので、実際に「iPhone 6 Plus」を「iPhone Lightning Dock」の上に置いてみることに。
iPhone Lightning Dock
挿しやすく、見やすい角度に立てられるが、支えが全く無いためドックのLightningポートに対する負担が気になるところ。突然ポキっと折れたりしないのだろうか。
iPhone Lightning Dock
Lightningポートの下にはちょっとした隙間がある。分厚いケースを付けている場合はどうか分からないが、少なくとも僕の使っている「PORTER FRAME」を付けた状態でも全く問題無く使用することができた。
iPhone Lightning Dock
デスクの横に置いてみた。ドック本体が場所を取らないのがとても良い。
iPhone Lightning Dock
シンプルで無駄の無いAppleらしいデザインであることも素晴らしいが、個人的に一番気に入っているのは片手で着脱ができるということ

僕がこれまで使ってきたiPhone用ドックは「Belkin Desktop Dock iPhone 5」。ケースの有無に問わず大抵のiPhoneを載せることができる使い勝手の良いドックなのだが、Lightningケーブルが本体に上手く固定されず、抜こうとするとケーブルが繋がったままの状態になってしまうことが多かった。


卓上ドックぐらい、片手で簡単に取り外しできるようにしたい。そういう意味では「iPhone Lightning Dock」は少し頑張れば片手で取り外すことができる。素晴らしい!

ただし、問題は4,500円という価格設定だ。ハッキリ言って高い。2,800円ぐらいでも渋って買うような価格であるのにも関わらず、4,500円はいくら何でもやり過ぎだ。コストパフォーマンスは決して良くない。

強いて買う理由があるとすれば「さすが純正品!」とも言えるシンプルで洗練されたデザインだろうか。他のサードパーティ製品を見てもこれほどシンプルな作りのドックは存在しない。ドックとしての機能は間違いないので、その点が気に入った人はこちらからどうぞ

Apple Online Storeで「iPhone Lightning Dock」をチェック!

もう少し良心的な価格設定のiPhone用Dockもチェック

「4,500円のドックは買えないが、iPhone用ドックが欲しい」という人もいるのではないだろうか。「iPhone Lightning Dock」ほどは高く無いが、Lightningポートが用意されていて片手で着脱できそうなiPhone用ドックを載せておく。参考にどうぞ!


オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー