「MiniDrive」を作ったNifty、今度はバッテリー内蔵型ベルト「XOO Belt」を発表!出資者を募集中!

Xoo belt
MacBook Air」や「MacBook Pro」のSDカードドライブにジャストフィットするMicroSDカードアクセサリー「MiniDrive」で一躍有名になったNifty。



そのNiftyが新製品の開発に成功し、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」にて出資者を募集している!今回チャレンジしているのはバッテリー内蔵型ベルト「XOO Belt」。ウェアラブルデバイスの新しい形だ!

左前ポケットにスマホを入れている人限定のベルト

モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がない方が楽だ。でも、いざという時のために持ち運ばないと不安。

そういう人のためにいつでも持ち運べるよう、ベルトにバッテリーを埋め込んでしまったようだ。斬新すぎる!

Xoo belt
ベルト本体の重さは公開されていないが、「立派なベルトと同じぐらいの重さ」とのこと。バッテリー容量は2,100mAh。取り外し可能なMicro USBケーブルが付属している。iPhoneの場合は変換コネクタを接続して使うことを想定している。

xoo-belt<br />
xoo-belt-2.png

画像を見る限りでは格好良さそうには見えるが、問題は左ポケットにスマホを入れることを前提とした作りになっているということ。僕はiPhoneを右ポケットに入れている。お尻ポケットに入れている人も少なくない。どのポケットに入れるかは人それぞれだと思うが、充電したいのであれば左ポケットに入れろ、ということなのだろうか。

「XOO Belt」のプロモーション動画が公開されていたので、載せておく!



実際に「Xoo Belt」を使っている様子を紹介している動画も公開されている。



「Xoo Belt」に内蔵されている充電用ケーブルを使用することによって「Xoo Belt」本体も充電することができる。こちらも解説用動画が公開されていたので、どうぞ。



「Xoo Belt」の詳しい内容はIndiegogoのページからどうぞ!


(via The Next Web

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった