Apple、「iPhone 5S」とは別にまさかの4.8インチディスプレイを搭載したモデル「iPhone Math」を発表か?!

iPhone 4.8インチディスプレイ
ディスプレイが4インチ以上に大きくなったiPhoneが販売されるかもしれない?!

China TimesによるとAppleは2013年中に4.8インチのディスプレイを搭載したモデル「iPhone Math」を発表すると報じている!Androidのように断片化が進んでしまうのか…?!


今年はiPhoneが3モデル発表される?!

情報によると、Appleは2013年中に「iPhone 5s」、4.8インチディスプレイ搭載の「iPhone Math」、そして1,200万画素のカメラを搭載したiPhoneの3モデルを発表するようだ。

「iPhone Math」と呼ばれる謎の端末については4.8インチディスプレイと800万画素カメラを搭載するようだ。1,200万画素カメラ搭載モデルについては現状、発表されるかもしれないという噂以外情報はない。

発売時期については、従来の発売サイクルより数ヶ月前倒して6月に2機種、年末のホリデーシーズン前に1機種が予想されている。

これらは実現可能性が極めて低い情報である

実際問題、この噂はあくまでも噂で実現する可能性は極めて低い。以下に理由をまとめた。

「iPhone Math」というネーミングは有り得ない

まず、「iPhone Math」というネーミングだ。まったくもって意味不明である。これまでのネーミング規則からすると、突然「iPhone Math」というネーミングでデバイスを発売する可能性は極めて低い。

4.8インチのディスプレイは有り得ない

さらに4.8インチのディスプレイが搭載されることも正直考えづらい。というのも、AppleはiPhone 5の売り文句として片手でも端から端まで指が届くことを推している。4.8インチディスプレイは確実に片手だけでは操作できない。同サイズのディスプレイを搭載するGalaxy S3を持っているので、間違いない。



Androidのように断片化を許すわけがない

断片化の問題もある。4.8インチでかつRetinaとなれば、iPhone 5に搭載されている1136×640よりもさらに高い解像度のディスプレイを載せる必要がある。開発者はそれにあせて更にアプリの修正を強いれられることになる。ただでさえiPhone 5の新しい解像度で物議を醸したので、9ヶ月後に新しい解像度を持つ端末をラインアップに加えることはしないだろう。

廉価版iPhoneは出るの?ディスプレイは大きくなるの?

iPhoneの発売サイクルに変更がありそうなことから、次期iPhoneに関する情報は例年の同時期と比べて多い印象がある。

低価格モデルは発表されるのか?カラーバリエーションは用意されるのか?ディスプレイは大きくなるのか?シースルーになるのか?

すべてはまだあくまでも噂レベル。確かな情報はまだしばらく先になりそうだ。

次期iPhoneはついに防水?!Apple含むスマートフォンメーカー10社がナノコーティングによる防水技術採用に向けて交渉中?! | gori.me

「iPhone 5s」は指紋認証機能を搭載し、6月頃に発売される?! | gori.me

「iPhone 5s」が3月下旬に発売される、という情報を元に今後のiPhoneと発売サイクルについて考察してみた | gori.me

(via AppleInsider

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告