ドコモ、iPhoneの販売台数を3割程度に抑える方針、日本メーカーとのバランス考慮

iPhone 5s/5c
ドコモがiPhoneを取り扱うことによって日本メーカーが窮地に立たされていると思われていたが、どうにかなるかもしれない!

日刊工業新聞によると、ドコモはiPhoneの販売台数を3割程度に抑えることを表明しているようだ!

日本メーカーもドコモのiPhone取り扱い開始には冷静

ドコモ版iPhoneが発表されてから日本メーカーの反応はそれほど話題にならなかった。個人的には絶望感に打ちひしがれているのではないかと思っていたが、どうやらドコモの3割程度に抑えるという表明があったからこそ冷静でいられたのかもしれない。NECパナソニックが撤退した今、残り7割と国内メーカーで分け合えるとなるとそれほど悪い話ではない。

ただ、ドコモ版iPhoneに期待する人は極めて多い。3割程度に抑えることを日本メーカーとどれほど握っているのかは不明だが、「3割程度に抑える」という条件が4割、気付いたら5割以上になっていてもおかしくない。

プレスリリースが出るほどAppleにも期待されているドコモ版iPhone。国内メーカーは決して安心できる状況ではない。

(via 気になる、記になる…

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー