4インチ型「iPhone SE」のコンセプトイメージが公開!これまでリークされた図面やCAD画像をもとに作成

IPhone SE Rendering Martin Hajek
いよいよ4インチ型「iPhone SE」が来月、発表される。これまで9To5MacからはCAD画像@OnLeaks氏からは図面CURVED.deからはコンセプトイメージが公開されているが、どれが1番本物に近いだろうか。

ハイクオリティなコンセプトイメージでお馴染みのMartin Hajek氏がこれまでリークされてきた「iPhone SE」の図面やCAD画像をもとにイメージを制作していたので、紹介する!

iPhone 5s に限りなく近いデザイン」という噂

まずは本体上部の画像から。9To5Macが公開したCAD画像は電源ボタンが端末側面に移動していたが、その後Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)は電源ボタンが「iPhone 5s」と同様に端末上部にあると指摘し、その情報が反映されている。
IPhone SE Rendering Martin Hajek
本体下部を比較した画像。@OnLeaksバージョンはまさに「iPhone 5s」をベースにしつつも「iPhone 6/6s」のような丸みを帯びたデザインを採用している。
IPhone SE Rendering Martin Hajek
音量ボタン側。音量ボタンが丸く「iPhone 5s」を彷彿させるデザインを採用している上2つに対し、CURVED.deバージョンは「小型化したiPhone 6/6s」のようなデザインになっている。
IPhone SE Rendering Martin Hajek
3つのバージョンを並べてみたところ。個人的に1番好きなのは「iPhone 5s」と「iPhone 6/6s」とのハイブリッドデザインを採用した真ん中にある@OnLeaksバージョンが好み。皆さんはどうだろうか。
IPhone SE Rendering Martin Hajek
「iPhone SE」は「iPhone 5s」に限りなく近いデザインであると言われていることから、9To5Macバージョンが最も近いと予想されるが、果たしてどうなるのだろうか。下記ページには他にも多数の画像が公開されているので、気になる人は以下からどうぞ!



今回公開したコンセプトイメージのもととなっているCAD画像や図面は以下からどうぞ!

9To5Mac

@OnLeaks

CURVED.de

サイト内を検索して記事を探す

iPhone-SE-Rendering-Martin-Hajek-7.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。