「iPhone 6」の情報・噂・予想を総まとめ!来月に備えて今のうちに復習しておこう!

iPhone 6に関する情報・噂・予想を総まとめ
今のところ現地時間9月9日(火)に発表イベントが開催されるという説が濃厚となっている「iPhone 6」。これが事実だとすれば、お披露目まで1ヶ月を切っている!つまり残り30日を切っているということだ!!ワクワクしかしない!フガフガ!

iPhone 6」に関する新しい情報が入る度に「iPhoneニュース・噂 ・リーク情報」に関する記事まとめを更新しているが、1ヶ月後に発表ということであればそろそろこれまでの情報を振り返っておいた方が良さそうだ。現時点で明らかになっている「iPhone 6」に関する噂や情報をまとめておいたので、どうぞご覧あれ!来月に備えて今のうちに復習しておこう!

発表される「iPhone 6」は4.7インチモデルと5.5インチモデル?

「iPhone 6」はほぼ間違いなく大型化するとして考えて良さそうだ。現段階でリークしている各種情報を見ていれば、次期iPhoneは少なくとも4インチディスプレイではないと分かる。

今のところ4.7インチモデルと5.5インチモデルが用意される見通し。見た目は「iPad mini」を小型化したようなデザインになるようだ。ディスプレイ端がエッジ部分がラウンド加工されるらしいので、「iPhone 5s」に比べて手のフィット感が増すかもしれない。


iPhoneが大型化すると知って一番衝撃的だったのはスリープボタンの配置変更。これまで右上にあったはずのボタンが「iPhone 6」では右側面に移動することになっている。カメラも本体からわずかに出っ張るかもしれない。音量ボタンの見た目も細長くなり、基本的に「iPad mini」や「iPod touch」と似たデザインを採用するようだ。


もうこの時点で「ついていけない!」という人もいるかもしれない。これまで手に馴染むサイズだったはずのiPhoneが突然Androidスマートフォンのように大きくなるのだ。大きくなったiPhoneなんて想像できない人も多いだろう。

「iPhone 6」がイマイチピンと来ない、という人は参考に以下の写真や動画を見てそのサイズ感をチェック!特にAndroidスマートフォンとのサイズ比較は非常に分かりやすいのでオススメ。ちなみに僕はiPhoneを片手で操作する人ではあるが、4.7インチモデルならば意外と不自由なく使うことができそうだと思っている。


「iPhone 6」のバックパネルを詳細にレビューしている動画も載せておく!この動画を見れば「iPhone 6」の本体がどのように変わるかが分かるはず。特にスリープボタン、音量ボタン、スピーカーグリル部分に注目!



ディスプレイはどうなるの?!

次期iPhoneはディスプレイサイズが大きくなるだけではない。なんと使われている素材も変わるかもしれない!

サファイアガラスは採用される?!

最新の情報によると「iPhone 6」はサファイアガラスを採用しないという見方が強い。どうやらAppleはゴリラガラス以上サファイアガラス未満の強度を持つ素材を採用するとのこと。

ただし、一方で「iPhone 6」の5.5インチモデルはサファイアガラス搭載モデルと非搭載モデルの2種類が用意されるという噂もあるので、まだ現時点では絶対に採用されないということではないかもしれない。

サファイアガラスの強度がよく分かる動画は以下からどうぞ!




ディスプレイの解像度はどうなるの?!

ディスプレイの解像度は今のところ1704×960ピクセルになる見通しで、4.7インチモデルのピクセル密度が416ppi、5.5インチモデルのピクセル密度は356ppiになる計算だ。Apple的「Retina」の基準が300ppi以上となっているので、これらはいずれも満たすことになる。

解像度については以下の記事に詳しく解説しているので、興味ある人はどうぞ。


カメラはどうなるの?

端末が新しくなる度に確実に性能が向上しているiPhoneのカメラ。「iPhone 6」に関しては1,300万画素のiSightカメラを搭載するのではないかと言われている。光学手ブレ補正モジュールも搭載すると言われているが、これは5.5インチモデル限定とのこと。個人的には「そんな極端な差別化、あり得るのか?!」と思ってしまうが、性能は確実に向上するということで最終的にどうなるかは今後の情報を注意深く見守ることにしよう。


プロセッサーとメモリは?その他詳細のスペックは?

プロセッサーとメモリは恐らくアップするはず!

「iPhone 6」のプロセッサーはクロック数2.0GHzで動作する「A8」チップを搭載するなど、「iPhone 5s」よりも性能は向上する見通し。5.5インチモデルの方が高性能なプロセッサーを搭載するとも言われているが、信ぴょう性は定かではない。

メモリ(RAM)のついては確度の高い情報は今のところないが、恐らく現在の1GBよりは多く搭載する可能性が高そう。Androidスマートフォンとスペック単体で対抗するのであれば、そろそろ2GBになってもおかしくない。


NFCは対応すると言われているけど…

「iPhone 6」は他にもNFCの搭載ワイヤレス充電の対応などが噂されている。NFCに関してはいつからか思い出せないほど昔から言われ続けているので、何とも言えないが、Tim Cook氏が「Touch ID」を開発した背景にモバイル決済のことが念頭にあった発言していることから、いよいよNFCも搭載される可能性は有り得そうだ。モバイル決済システムは今秋リリースに向けて準備中との噂も出ている。

通信面ではより速いLTE通信が可能になったり、より速いWi-Fi「802.11ac」も利用可能になるとか。通信に依存するデバイスだからこそ、このようなアップグレードは大歓迎!


外部環境や身体に関するセンサーも搭載?

これについては特に新しい情報がないので、何とも言えない。ただ、「Health」アプリも発表していることから、iPhone単体で何かしら外部環境や身体を測定するセンサーが搭載されていても不自然ではない。


バッテリーは?電池容量は増えるんだよね、当然?!

今のところ「iPhone 6」に搭載されるバッテリーの容量は2,100mAhとなり、増える見通し。1日充電せずに使えないという人にとって嬉しいお知らせではあるが、忘れてはならないのは次期iPhoneのディスプレイサイズが大きくなるということ。大きくなった分、パワーが必要になる可能性は高いので、バッテリー容量が増えたとしてもこれまでと電池持ちはあまり変わらない…ということもあり得る。


ストレージは?128GBモデルは登場するの?

残念ながら128GBモデルは登場しない可能性がある。少なくとも4.7インチモデルはなく、5.5インチモデルのみ提供されると言われている。「そんなのありかよ!」と心の底から叫びたくなる思いだが、Appleはなかなか128GBモデルを発表してくれない。カメラの画質が向上すれば写真の容量も必然的に増えてしまうので、個人的にもそろそろ128GBモデルが欲しいのだが…。


結局「iPhone 6」はいつ発売されるの?!

結局のところ一番気になるのは「iPhone 6」の発売日。「iPhone 5s」「iPhone 5c」を見送った人からしてみると「iPhone 6」は端末が大きくなろうと必ず買う、という人も多いかもしれない。

今のところ「iPhone 6」の発表イベントが9月9日(火)に開催されると言われているので、発発日はその次の週の9月19日(金)ではないかと予想されている。


上記の情報はAppleが正式に発表した内容ではなく、あくまでもネットで飛び交っている情報をまとめたもの。来月に掛けて今後さらなる情報がリークすると思われるので、ワクワクする気持ちを多少抑えつつ、次期iPhoneを待ちましょう!

オススメ
iphone6-gold-model-rendering-2.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法