「iPhone 6」に搭載される次期モーションコプロセッサーのコードネームは「Phosphorus」?!

M8 phosphorus 【img via 9To5Mac

iPhone 6」には802.11ac Wi-FiとNFCに対応した2.0GHz「A8」チップが搭載されると言われているが、「Health」との関係もあり次期コプロセッサーも注目を集めている。


そんな中、ここ最近のリーク情報でお馴染みのGeekBarが「iPhone 6」に搭載される次期「M7」コプロセッサーの図面を公開し、コードネームが「Phosphorus」になることを明らかにしている!

次期モデルは「M7」が持つ性能や機能がさらにパワーアップする模様

正直なところ、「Phosphorus」というコードネームはどうでも良い。知っていたところでAppleがその言葉を公の場で使う単語ではないだろう。

リークした設計書によると、次期モーションコプロセッサーは外部アクセサリーと通信することができ、「M7」チップ同様に歩数計やトラッキング機能を備えている。電池を消費せずに「Health」アプリとフィットネスや健康関連アクセサリーと連携することができる可能性がある。外部アクセサリーと聞くとやはり「iWatch」の存在が気になって仕方がないが、これに関してはまだ何も分からない。


次期「M7」コプロセッサーとなると、やはり名称は「M8」になるのだろうか。それとも「iPad(第4世代)」に搭載されていた「A6x」チップのように「M7x」チップになったりして…?

(via 9To5Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ