次期iPhoneで16GBモデル、廃止?!32GB・64GB・128GBの3モデル展開に?!

Iphone 5s 6 6plus 【img via Janitors

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はある意味、これまでは違うiPhone発表イベントだった。そもそも2種類のディスプレイサイズが同時発表されたのも初めてのこと。4インチから4.7インチと5.5インチという、大きなステップアップをした。

さらに一部から待望されていた128GBモデルも追加されたが、なぜか16GBモデルが残り、32GBモデルが廃止された。現在のラインアップは16GB・64GB・128GBという少し不思議な選択肢が用意されている。

これは2015年に発表される「iPhone 6s/6s Plus」では良い方向に状況が変わるかもしれない!TrendForceによると、次期iPhoneでは16GBモデルがラインアップから廃止され、32GB・64GB・128GBの3モデル展開になると報じている!

肥大化が続くOSに対応するため、最低容量を底上げか?!

かつてiOSと言えばコピペさえもできない、ハッキリ言って「どうしようもない」OSだった。思い返してみればあの頃のiPhoneは脱獄せずに使うことなんてありえないと公言していたような気がする。

今となっては機能不足どころか、次々と機能が追加されるせいでOSが肥大化しているとも言えるかもしれない。さらにOSとして便利になればなるほどコンテンツの消費が進み、当初足りると思っていた容量が足りなくなる人もいるだろう。


Appleが16GBモデルを残し32GBモデルを廃止した理由については64GBモデルを売るための戦略であると一部では言われているようだが、個人的には少しでも安いモデルを提供するために16GBモデルを残したのではないかと予想している。

今後16GBモデルを廃止し、32GBモデルをベースモデルとして提供できるようになったということは32GBモデルを16GB相当の価格で販売しても十分な利益を生み出せるほど原価が下がったということなのだろうか。

どんな理由であれ、これまで16GBモデルを選んでいた人にとっては朗報。次期iPhoneは8月に発表されると噂されていたが、恐らく9月になるのではないかという見方が強い。



(via 携帯総合研究所

オススメ
iphone-5s-6-6plus.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. Devices-All-Logo.png
    Mac用メールアプリの決定版!「Spark for Mac」が正式リリース
  4. Sony-Life-Space-UX-22.jpg
    【レビュー】今話題!超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(1/3)【Sponsored by Sony】
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法