次期iPhoneの量産開始が1〜2週間遅れる見通し、発売時期は変わらず

iPhone6.jpg
量産の開始時期は遅延するが、発売日は今のところ変更無し、とのこと。


KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の量産が当初の予定よりも1〜2週間遅れていると伝えている!

量産は8月後半に開始へ!発売日は当初の予定通り

iPhone 6s」シリーズの量産開始に伴い、現行モデルである「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の生産量は既に減らされているとのこと。当初は今月に入ってから量産が開始される予定だったものの、遅延したことによって8月後半にずれ込む見通し。

幸いにも発売日は予定通りと言われている。今のところ噂されている候補日は9月18日(金)9月25日(金)。例年のスケジュールからすると9月15日(火)または9月22日(火)のいずれかに発表イベントを開催するのではないかと予想される。

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は感圧タッチディスプレイの他、2GBのRAMや1,200万画素のカメラを搭載する予定。

(via phoneArena

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法