「iPhone 6s」用バックパネルの強度をテストする動画が公開

Iphone6s back plate
iPhone 6 Plus」が発売後、簡単に手で折り曲げられることが判明し、「Bendgate」として大きな話題となった。


次期iPhoneはボディがわずかに分厚くなり強度が向上していると噂されているが、この問題の火付け役だったUnbox TherapyiPhone 6s」のバックパネルを入手し、「iPhone 6」のバックパネルと比較した動画を公開していたので、紹介する!

iPhone 6s」は「Apple Watch Sport」と同じ素材を採用か?!

Unbox Therapyによると、次期iPhoneのバックパネルは確実に強化されているとのこと。特に強度が低かったとされる音量ボタン付近は1.14mmだった現行モデルに比べて1.90mmとなり分厚くなったことが判明。強度の向上が期待できそうだ。

他にも縦幅や横幅ならびに重さを測定していたので、以下にまとめておく。強度を向上したため本体はあずかに分厚くなっているものの、バックパネルの重さは軽くなっているようだ。

iPhone 6siPhone 6
縦幅138.26mm138.09mm
横幅67.16mm66.91mm
重さ25g27g

軽くなっている理由として、以前噂されていた通り、「Apple Watch Sport」の筐体にも使用されているアルミ素材「7000シリーズアルミニウム」が使われているのではないかと指摘している。


よりタフになったが、わずかに軽くなると予想される「iPhone 6s」。動画は以下からどうぞ!



▼懐かしの「Bendgate」に関する話題もチェック!
(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品