「iPhone 7」、USB-Cの採用やワイヤレス充電、デュアルレンズカメラなどの技術をテスト中か?!

Apple Dock Concept
来年のiPhoneはメジャーアップデート(「s」系アップデートではなく、型番の数字が1つ増えるアップデート)となる予定。これは色々と期待できそうだ!

GforGamesWeiboの投稿から得た情報によると、現在、Appleは「iPhone 7」の試作機を最低でも5種類試しているとのことで、次期モデルに採用する新技術をテストしているそうだ!

マルチ感圧タッチ、ディスプレイ内蔵型指紋センサーも

情報元によると、Appleは5つの新技術をそれぞれの試作機でテストしているとのこと。残念ながら5つの新機能が全て次期iPhoneに搭載される訳ではなさそうだ。

テストされている5つの新機能は以下の通り:

  • ヘッドホン端子と互換性のあるUSB-Cの採用
  • ワイヤレス充電機能
  • マルチ感圧タッチ
  • デュアルレンズカメラ
  • ディスプレイ内蔵型「Touch ID」

Lightningケーブルを捨て「USB-C」を採用するとなるとこれまで集めてきたLightningケーブルが不要になり、大暴動が起きることは目に見えている。とは言え、過去にも30ピンコネクタからLightningに切り替えていることを考えると、いずれかは実現するかもしれない。

つい先日、AppleがiPhone 7」でヘッドホン端子を廃止する可能性があると話題になっていた。


ワイヤレス充電は今年7月にQualcommが金属製デバイスでもワイヤレス充電を可能にする最新技術を発表したことによって実現可能性は高まった。置くだけで充電できるのは物凄く便利なので、是非とも実現してもらいたい。


マルチ感圧タッチ」とは、「3D Touch」を複数の指で行える操作のことを指しているようだ。画面上2点以上を押しこむことによって利用できる新機能が提供されるかもしれない。

デュアルレンズカメラは「iPhone 6s/6s Plus」が発表される前に話題として挙がったが、結果的にレンズは1つのまま、画素数が800万画素から1,200万画素まで向上したカメラが搭載された。


年々カメラ性能の向上を目指しているAppleだからこそ、デュアルレンズカメラを搭載する可能性はありそうだ(見た目ダサいけど)。

iphone-6-concept-goliath-08.png
個人的に最も期待しているのはディスプレイ内蔵型「Touch ID」。というのも、今年6月にAppleが次期iPhoneなどに搭載することを目指して「Touch ID」内蔵型ディスプレイを開発しているとの情報があったため、「iPhone 7」で実現してくれることを期待している。


ディスプレイに「Touch ID」が埋め込まれることによってディスプレイサイズを犠牲にすることなく本体サイズを現行モデルよりコンパクトにすることができそう。

IPhone7 コンセプト
なお、情報元はAppleが有機ELディスプレイを検討していることも示唆。ただし、これまでの情報によると、2018年に発売されるであろう「iPhone 8」シリーズに搭載される可能性が高いと見られている。


例年通りのスケジュールで発表される場合、まだまだ先のことなのであくまでもテスト中であることを念頭に置くべきではあるが、「iPhone 7」はメジャーアップデートらしく革新的な新機能が追加されている可能性が高い。今から楽しみだ!

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア
  • オススメ

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
    2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
    3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
    5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品