「iPhone 6s/6s Plus」、1〜3月期は計画当初より30%減産へ

iPhone6s-6sPlus-5.jpeg
iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の売れ行きは1月26日に実施される2016年第1四半期の決算発表で明らかになるが、流通在庫の状況によるとAppleの予想を下回る結果なのかもしれない。

日本経済新聞によると、Appleは2016年1月〜3月期における「iPhone 6s/6s Plus」の生産数を計画当初よりも30%減産する方針であることを明らかにした。次期では元の水準に戻す見通し。

欧米など各市場における流通在庫の積み上げ、新興国におけるドル高による値上げ、そして旧モデルに比べて目立った新機能が不足していたことが原因として挙げられている。詳細はこちらからどうぞ。

 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

  • 学生・教員・PTA役員限定 ▶ 学生・教員向けストア

  • (via 気になる、記になる…

    あわせて読みたい

    gori.meの最新情報をチェック!!

    1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
    2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
    3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
    4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
    5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった