Apple、有機ELディスプレイ搭載の5.8インチ型iPhoneを準備中か?!

Iphone5se pink color concept image
将来的にiPhoneのディスプレイは有機ELに切り替わると噂されているが、具体的な時期に関する予想は様々。当初は3年後に搭載する可能性があると言われていたが、最新の情報では早ければ来年には実現しているとも言われている。


Digitimesによると、Appleは有機ELディスプレイ搭載の5.8インチ型iPhoneを準備していると報じている!

有機ELディスプレイのiPhone、早ければ2017年に発表される可能性

情報元によると、Appleは2018年のリリースを目指して5.8インチ型の有機ELディスプレイを準備しているとのこと。早ければ2017年にリリースされる可能性もあるという。

ディスプレイの提供元はSamsung Display、LG Display、ジャパンディスプレイの3社。SamsungとLGは来年にも量産体制に入ることができるが、ジャパンディスプレイは2018年以降になると伝えられている。

この噂はハッキリ言ってあまり現実味があるようには思えない。既に4.7/5.5インチモデルというラインナップに近々4インチモデルがスペックアップして加わる。これに5.8インチモデルが追加されるというのはピンと来ない。

もしあり得るとしたら5.8インチモデルが5.5インチモデルを置き換えた場合。ディスプレイサイズが0.3インチも大きくなる可能性があるとしたら、今のiPhoneにある上下のベゼルが無くなり前面が全てディスプレイになった場合「Touch ID」内蔵型ディスプレイに関する特許を取得していることから、可能性はゼロではない。


果たして本当にiPhoneは有機ELディスプレイを採用するのだろうか。液晶ディスプレイに比べて物理的に薄くすることができ、省電力にも貢献することが分かっていることからユーザーメリットは多そうなので個人的には搭載されることを期待している。

あわせて読みたい
(via iDownload Blog

サイト内を検索して記事を探す

iphone5se-pink-color-concept-image-3.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。