「iPhone 7」用ケースの検証動画が公開!カメラホールが大きく、ヘッドホン端子廃止が濃厚に

IPhone 7 Case
「iPhone 7 Plus」だけではなく、「iPhone 7」もデュアルレンズを搭載するかも?!


Unbox Therapyがリーク情報でお馴染みのSonny Dickson氏から送られてきたという「iPhone 7」用ケースおよび「iPhone SE」用ケースの検証動画を公開していたので、紹介する!

「iPhone 7」用ケースから分かった、2つの特徴

動画では「iPhone SE」用ケースから検証しているが、より面白いのは「iPhone 7」用ケースなので先に紹介しておく。

ケースのカメラホールが「iPhone 6s」と揃わない

特筆するべき点は大きく分けて2つ。1つはカメラホールのサイズと位置。下記写真を見て分かる通り、「iPhone 6s」と合わせてもケースのカメラホールがレンズと被っていることが分かる。
IPhone 7 Case Camera
そもそもカメラホール自体が「iPhone 6s」用のケースと比較しても大きいのは気になる。噂されているデュアルレンズカメラを収めるために大きく開けられているかもしれないが、だとすれば「iPhone 7 Plus」だけではなく「iPhone 7」もデュアルレンズカメラを搭載するということになる。
IPhone 7 Case

ヘッドホン/イヤホン端子が廃止され、ステレオスピーカーに?

もう1つはケースの底面部分がLightningポート用の穴を中心として線対称になっているということ。
IPhone 7 Case
これを既存の「iPhone 6s」用ケース(動画内に登場しているケースは恐らく「Spigen Neo Hybrid」)と比較してみると明らかにヘッドホン端子があるはずの穴が狭すぎる。
IPhone 7 Case
実際、「EarPods」を差し込もうとしても入らないことが動画内で明らかになっている。やはり「iPhone 7」ではヘッドホン端子は廃止され、ステレオスピーカーになるのか?!
IPhone 7 Case
ただ、個人的に気になるのは動画を見る限りでは「iPhone 6s」が新しいケースにすっぽり収まっていること「iPhone 7」用ケースが1mm以上薄型化しているように見えないということ。もし本当に薄型化しているのであれば「iPhone 6s」は入らないのでは……?

目を通しておきたい「iPhone 7」情報

iPhone SE」用ケース、「iPhone 5s」のボタンと僅かにズレが発生

IPhone SE Case
iPhone 5s」と外観がほとんど同じになると噂されている「iPhone SE」だが、ケースを「iPhone 5s」に取り付けてみたところ、音量ボタンやマナーモードスイッチが僅かにずれていることが判明。これは「iPhone SE」が曲面ガラスを採用することから微妙にずれるのではないかとUnbox Therapyは分析している。

目を通しておきたい「iPhone SE」情報

信じるか信じないかは自分次第!実際の動画をどうぞご覧あれ!




 SIMフリーのiPhoneはApple公式サイトから購入するべし!

サイト内を検索して記事を探す

iPhone-7-Case-2.png

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • follow us in feedly Feedlyで最新記事を購読
  • Twitterで更新情報を1番にゲット!
  • LINEで楽しくトークしましょう!(スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード)

この記事に関連するまとめ

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。