「iPhone 6s」、カメラの実力は?歴代iPhoneの写真サンプル比較が公開

IPhone Camera Comparison 【img via snap snap snap

iPhone 6s」の外向き(iSight)カメラは800万画素から1,200万画素になっただけではなく、オートフォーカスの性能向上やノイズ軽減など様々な改良が加えられている。僕自身、それほど劇的な進化は実感できなかったものの、スペックそのものでは確実により良い写真が撮れるようになっているはずだ。


では、実際他のiPhoneと比較するとその性能の違いは見分けられるのだろうか。人気カメラアプリ「Camera+」が同アプリを使用して初代iPhoneから「iPhone 6s」までの歴代iPhoneのカメラ性能を比較していたので、紹介する!

「iPhone 6s」のカメラ性能を絶賛!歴代最高の出来

Camera+はマクロ、逆光、夕焼けなどを含む8種類の環境で歴代のiPhoneカメラの実力を比較。どのシーンにおいても「iPhone 6s」の実力は過去最高の画質であると結論付けている。

「iPhone 6s」で撮影された写真はカラーバランスが非常に良く、ノイズも軽減されているとのこと。特に逆光時の撮影においては大いに実力を発揮しているとのことだが、その差が大きく現れているのは被写体に対してズームインした時。確かに「iPhone 6」と比較しても「iPhone 6s」の方がパリッとしていることがよく分かる。

IPhone Camera Comparison 【img via snap snap snap

プロの目から見てもやはり「iPhone 6s」のカメラ性能は旧モデルと比較しても向上しているようだ。ノイズが少ないリアルな写真が撮影できることに加え、「iPhone 6s Plus」の場合は光学手ブレ補正によってよりパリッとした写真が撮影できる。写真にこだわるのであれば上記の実力に光学手ブレ補正が加わった「iPhone 6s Plus」を選んだ方が良さそうだ。

他にも比較写真が公開されているので、下記からどうぞ!





(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品