東京だって対策済!ポイントが凍らないように火が付く装置が4つずつ付いていた!

ポイントに火がついて雪を溶かす

東京も意外とやるじゃないか!

先ほど、東京では雪が降ると電車がすぐ止まるのに、雪国では止まらない理由として、雪が積もってもポイントが切り替えられるように対策がされていると紹介したが、実は東京でもいざという時のためにポイントが凍らないように火が付く装置がそれぞれ4つずつ付いていることが分かった!

地下の区間にあるポイントは電熱式で対策済み

ポイントが切り替わらなくなってしまうと電車の進むべき方向に進まない。いくら東京で積雪するほどの雪が降る頻度が低いとは言え、いざという時にどうするのだろうかと思っていたが、さすがの東京もしっかりと対策済みだったようだ!さすが我らが東京!

実際にその装置が作動している様子は以下からどうぞ!

何も知らずに見ると線路に火が付いているようにしか思えないが、これはあくまでもポイントが凍らないために設置されている装置から火が出て雪を溶かしているようだ!ちなみに、地下区間の場合は火ではなく、電熱線による装置が設置されているようだ。

だとすれば、雪が振ると東京の電車が大幅遅延する理由は何だ?!単純に雪に慣れていない大多数の人のアタフタから来るのだろうか…。

知ってた?!東京では雪が降ると電車がすぐ止まるのに、雪国では止まらない理由とは?! | gori.me(ゴリミー)

雪、ありがとう!ハチ公に友達ができていたと話題に! | gori.me(ゴリミー)

【降りすぎ】昨日の雪がどれほど凄かったかがよく分かる写真まとめ | gori.me(ゴリミー)

(via Twitter

関連情報
カテゴリライフハック
更新日2014年02月15日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    私も雪国ではない日本のある駅で同じような火種を発見した。事情が分からなかったので、駅事務所に説明を求めたら、「凍結防止」のためだった。何もわからない素人の顧客が目撃できるような場所で説明もなく、火をつけるなよ、と抗議したら、「申し訳ございません。以後注意します」だった。素人に言われるまでもなく事前に処置しろよ!

「ライフハック」新着記事
トレンド検索