【レビュー】Macとの相性抜群!「USB 3.0」対応のSatechi製USBポートハブ「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」

Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
Amazonウィッシュリストから送って頂いた数々の商品の中から今回紹介するのは「USB 3.0」対応のSatechi製USBポートハブ「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」!


お気に入りポイントは「USB 3.0」に対応しているだけではなく、見た目がMacと相性抜群であること!早速僕のデスクでは活躍しているので、レビューする!

Macと並べても違和感なし!「USB 3.0」なので転送速度も速い!

最近は何でもWi-Fi経由で接続するものが当たり前となりつつあるが、僕は未だに外付けHDDや光学ドライブ、USBメモリなど、USBポートに接続している外部機器は意外と少なくない。


「USB 3.0」対応は大きな魅力。「USB 2.0」の最大転送速度は480Mbpsとされるが、「USB 3.0」は5Gbps。理論上、10倍以上速い転送速度を体感できるのだ。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
早速、箱を開けて中身を取り出してみる!この質感は間違いなくMacと並べても違和感がない。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
「USB 3.0」に対応しているUSBポートは中身を青くすることを推奨されているとのこと。確かに「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」のポート内は青い。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
右から見たところ。「Apple Wireless Keyboard」をギュッとしたようにも見える。この円形の部分が格好良い。傾斜はざっくりみて45度ぐらいだろうか。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
後ろから見たところ。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
左から見たところ。左側からケーブルが出ている上にケーブルもそれほど長くないため、基本的には接続元のデバイスに対して右側に「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」を配置することを前提で考えた方が良さそうだ。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
大きさは非常にコンパクトで手に収まる程度。重さも154gと非常に軽いため、持ち運びも気にならない。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
ところで、「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」は個人的に前々から欲しいと思っていた周辺機器ではあるが、なかなか手を出せなかったのはその価格ゆえ。実はこのUSBポートハブ、値段は5,000円以上。単なる「USB 3.0」対応ハブであればもっと安い商品がいくらでもあるはずだ。

それでも僕が「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」を気に入っているのはやはりMacとの相性。以下に先日購入したばかりの15インチの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と一緒に写真を撮ったので、載せておく!


アームレスト部分に「プレミアム アルミニウム 4ポートハブ」を乗せてみた。これはまだ「MacBook Pro Retina」とは接続していない状態。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
接続するとこのようにポート内が青く光る!格好良い!ちょっとサイバーな雰囲気がたまらん!
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
写真の都合上、アームレストの上に乗せて撮ってみた。質感はMacと全く同じとは言えないかもしれないが、非常に近いと言える。
Satechi USB 3.0 プレミアム アルミニウム 4ポートハブ
「USB 3.0」に対応しているUSBポートハブAmazonを見ても多数掲載されているが、やはりMacと接続して使うのであれば見た目を統一していた方が格好良い。値段は少々高めではあるが、機能性とデザイン性どちらも兼ね揃えた「USB 3.0」対応のUSBポートハブを探しているのであれば、是非ともチェックしてみるべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー