CalDigit、「Thunderbolt 3」対応ドック「TS3」「TS3 Lite」を発表

Caldigit thunderbolt3 docks
CalDigitは「Thunderbolt 3」対応ドック「Thunderbolt Station 3(TS3)」と「Thunderbolt Station 3 Lite(TS3 Lite)」を発表した

「TS3」は以前紹介した「Caldigit Thunderbolt Station 2」の後継モデルにあたり、「TS3 Lite」は名前の通り「TS3」の簡易モデル。いずれのモデルも2017年第1四半期中(2017年1〜3月)に出荷予定となっている。

ポート拡張が主の「TS3 Lite」、フルスペックの「TS3」

「TS3」と「TS3 Lite」の違いは何か。一覧で見た方が分かりやすいと思うので載せておく!

TS3 LiteTS3
使用用途ポート拡張ポート拡張+本体充電
「Thunderbolt 3」ポート数22
最大出力可能解像度5K (5120 x 2880) @60Hz5K (5120 x 2880) @60Hz
13/15インチ型MacBook Pro との互換性
Windows Thunderbolt 3 PC との互換性
最大スループット40Gb/s40Gb/s
最大供給可能電力15W85W
USB 3.1 Type-A ポート数23
USB 3.1 Type-C ポート数1
DisplayPort ポート数11
HDMIモニタ出力
DVIモニタ出力
4Kモニタ2枚出力
eSATA ポート数2
ギガビットイーサネット
オーデイオ イン/アウト
縦置き・横置き対応
価格 (事前予約価格)199.99ドル(169.99ドル)249.99ドル($199.99)
Shipping2017年第1四半期2017年第1四半期

■「Thunderbolt Station 3 Lite」のポート一覧
Thunderbolt 3 Dock CalDigit TS3 Lite Overview
■「Thunderbolt Station 3」のポート一覧
Thunderbolt 3 Dock CalDigit TS3 Overview 1
「TS3 Lite」は一部の新型「MacBook Pro」所有者のニーズをしっかりと汲み取った製品。これまで紹介してきた多くのドックは「Thunderbolt 3」の帯域を活かしつつ15インチモデルでもフルスピードで充電できる電力供給を売りポイントとしてきたが、「TS3 Lite」はフルスピードで充電させず、あくまでもポートの拡張に特化したデバイスとなっているのだ。

なぜこれが一部の所有者に刺さるかというと、僕のように「LG UltraFine 5K Display」を購入した人は既にMac本体を充電する手段が確保されているため、85Wの電力供給は機能として必要なく、単にポートの拡張ができれば十分だからだ。

供給可能電力を抑える代わりに「TS3」よりも少し価格を抑えたのが「TS3 Lite」。見ての通り、拡張可能なポートも「TS3」とほぼ変わらず、価格は30〜50ドルも安い。「Thunderbolt 3」の帯域も犠牲にされることはなく、最大5Kまでの解像度を出力可能。

「既に充電する方法があり、ポートが拡張できればOK」という人は「Thunderbolt Station 3 Lite」を、「充電含めて1本のケーブルで完結に済ませたい」という人は「Thunderbolt Station 3」を選ぶ、ということになる。気になる人はチェックしてみるべし!

(via 9To5Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ