Macでファイルの拡張子を表示させる方法

ファイルの拡張子を表示する方法
ファイルを開く時や保存する時、予め拡張子を表示しておきたいという人も多いだろう。細かい設定ではあるが、事前に把握しているとファイルを開くアプリケーションを選ぶ際など何かと便利なことが多い。

残念ながらMacを購入した時の状態では拡張子が表示されないようになっている。これはAppleの「知る必要のないものは表示させない」という思想に基いているとも考えられるが、正直なところ、表示されていない方がかえって不便であることの方が多い。

拡張子を表示せずに初期設定のままにしているという人のために本記事ではMacでファイルの拡張子を常時表示する方法を紹介する!

Finderの設定項目にチェックを入れるだけで完了!

Macで拡張子を常時表示するのは超簡単!Finderを選択し、メニューバーから「環境設定」を選択。一番右にある「詳細」タブの中に「すべてのファイル拡張子を表示」という項目があるので、これにチェックを入れるだけ!

ファイルの拡張子を表示する方法
僕のように長年Windowsを使ってきた人は拡張子が表示されていた方が安心するという人は多いのではないだろうか。Macでファイルの拡張子が表示されずに困っている人がいれば、試してみるべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告