IBMのヘルプデスクへの問い合わせ数、MacがWindowsを大きく下回る

Apple IBM
Macを選ぼうがWindowsを選ぼうが、結局のところは個人の勝手だ。最終的に自分が好きな方を選べば良いだけの話。先日発表された「Surface Book」は格好良いが、僕は断然Mac派だ。


これまではWindows PCを提供する企業の方が断然多いイメージがあるが、近年はMacを導入する企業も増えている。Appleと法人顧客向けモバイルサービスの提携を発表したIBMもそのうちの1社だが、導入した結果、非常にポジティブな結果が出ていることが明らかになった!

JAMF Nation User Conferenceにて「Mac@IBM」を担当しているFletcher Previn氏は、社員にMacを支給した結果、Windows PCユーザーからのヘルプデスクへの問い合わせ数が40%だったのに対し、Macユーザーからの問い合わせはたった5%だったことが明らかになった!

Macのお陰でヘルプデスクの人員も最小限で運用可能に

「Mac@IBM」とは、それまでWindows PCを使用していた社員をMacに移行させるというプログラム。現在、毎週1,900台ものMacを導入し、既にMacとiOSデバイスを合わせて130,000台が社員の手に行き届いているとのこと。IBMの社員パソコンと言えばThinkpadのイメージが根強いが、このプログラムのお陰でMacユーザーがジワジワと増えているようだ。

社内には社員のパソコンに何かがあった時に即座に対応できるヘルプデスクが用意されているようだが、たった24人で130,000台のMac/iOSデバイスを対応しているそうだ。

それもヘルプデスクへの問い合わせ数が少ないからこそ実現可能なのだ。単純計算、ヘルプデスク担当者1人で5,375人の社員を対応することができるということになる。

One stat that particularly stood out was that 5% of Mac users call the help desk, compared to 40% of PC users. This shows how simple it is for the staff at IBM to use the Mac platform, and reflects the hard work the team has done to make the experience seamless.

via Mac@IBM, Zero to 30,000 in 6 Months | JAMF Software


Previn氏はWindows PCよりMacの方が高いという欠点があるものの、「3、4年経っても使い続けることができる」という意味で残存価額が高いと判断しているとコメント。初期コストは高いが、長い目で見るとIBMにとって節約になっているそうだ。

Gartnerによると、ヘルプデスク担当者1人がサポートする社員数は70人が理想的だと発表しているが、現実は平均して1人に対して242人をサポート。上記の通り、IBMは1人の担当者が5,400人近く見ているがサポート体制には問題ないとのこと。それだけ写真がサポートを必要としていないことを意味するのだろう。

資産という観点ではなく、人件費の削減という点においてもMac導入はIBMにとって大きなメリットをもたらしているようだ。

(via Cult Of Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!