新型MacBook、新しいヒンジ部分を採用し薄型化を実現か?!

macbook-air.jpg
MacBookシリーズの更なる薄型化を実現する上で重要な役割を果たす技術のようだ。

Digitimesによると、米企業Amphenol社がサプライチェーンに加わり、ヒンジ部分の生産を担当することが明らかになっている。

AmphenolはMicrosoftの「Surface Pro」のヒンジ部分をも担当。情報元によると新型MacBookシリーズは金属粉末射出成形(Metal Injection Molding:MIM)技術を採用したヒンジになるとのこと。これによって現行の「MacBook Air」よりも更なる薄型化が可能になる模様。

MacBookシリーズは今年中にメジャーアップデートが期待される。12インチ型MacBookはスペックアップし5月末までに登場すると言われ、「MacBook Air」の後継モデルは現行の「MacBook Air」よりもさらに薄型化され6月までに出荷開始すると噂されている。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via 気になる、記になる…

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法