【Mac OS X】Safariをデフォルトのブラウザに戻す方法

Safari browser 【img via Apple

OS X Yosemite」へのアップデートに伴い、純正ブラウザであるSafariはかなりパワーアップした模様。Appleによると、パフォーマンスが強化されただけではなく、Safariを使用するだけで電池持ちが2時間も伸びると書かれている。

「それならGoogle Chromeなんて使っている場合ではない!Safariに戻さなければ!」という人はまずは標準ブラウザをSafariに戻す必要がある。本記事ではSafariをデフォルトのブラウザに戻す方法を紹介する!

「環境設定」の中にある「デフォルトWebブラウザ」から

標準メールアプリの変更方法と同様に、まずはデフォルトのブラウザとして指定されているSafariを開く。「Safari」メニューの中にある「環境設定」をクリックし、「一般」タブをクリック。

一番上に「Safari はデフォルト Web ブラウザではありません。」と表示されているはずなので、「デフォルトを設定」をクリック。
Safari以外のブラウザをデフォルトのブラウザにする方法
下記のようなポップアップが表示されるので、「“Safari”に変更」をクリック。すると、先ほど表示されていた項目が消え、Safariが標準ブラウザに設定される。
Safari以外のブラウザをデフォルトのブラウザにする方法
「ヨセミテを使いこなすのであればSafari一択でしょう!」という人は上記設定で標準ブラウザをSafariに変更するべし!

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー