Safariでキャッシュをクリア(削除)する方法

Safariでキャッシュをクリアする方法
Macのデフォルトブラウザと言えばSafari。Chromeが何かしらの理由で使用することができなくなった場合、FirefoxよりもSafariを選ぶだろう。最近活用していないが、iPhoneやiPadと連携してデバッグができる「Webインスペクタ」も相当便利だ。


ただ、Google ChromeFirefox同様に、Safariもキャッシュをクリアしなければならない時がある。今回はSafariでキャッシュをクリア(削除)する方法を紹介する!

「環境設定」の中にある「プライバシー」タブから削除

SafariのキャッシュクリアはFirefoxと全く同じ環境設定の項目にまとめられている。Safariの環境設定を開き、「プライバシー」タブを開くと「すべてのWebサイトデーターを削除」という項目がある。これをクリックすると文字通り全てのウェブサイトデータをごっそり削除することができるが、大抵の場合は特定のサイトのキャッシュをクリアしたいはず。その場合は、その下にある「詳細」をクリック!
Safariでキャッシュをクリアする方法
以下のような画面が表示され、ズラッとサイト名が一覧で表示される。下記スクリーンショットにある「gori.me」と入力してあるテキストボックスにキャッシュを削除したいURLを入力することによって絞り込みができる。
Safariでキャッシュをクリアする方法
知っておいて損はないはず!ウェブサイトのデザインチェックなどをする場合は各ブラウザのキャッシュクリア方法を覚えておくべし!

オススメ
safari-cache-clear-1.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法