アプリをアップデート後、「壊れているため開けません」と表示された時の対処法

App is broken
Macでアプリをアップデート後、「壊れているため開けません」と表示されたことはないだろうか。特に「macOS Sierra」にアップデート後、このエラーに遭遇する頻度が増えた気がしてならない。

調べたところによると、Macを再起動することによって「Apple ID」と「パスワード」を再度入力することによって復活する場合もある模様。残念ながら今回はそれでもアプリを起動することができなかったので、別の方法を紹介する!

アプリ単体をアンインストールし、再インストール

結論から言うと、僕が行ったのは壊れていたアプリをアンインストールし、再インストールしただけ。ただ、実は過去に大きな失態を犯しているので、その罠に他の人がハマらないようにメモ書きとして残しておく。

アプリのアンインストールをする際、基本的には関連ファイルを全て削除する為に「AppCleaner」などのアプリ削除ツールを使うことが基本。僕も当たり前のように関連ファイル含めて削除したのだ。


ところが、アプリが「壊れているため開けません」と表示された際はそこまでやらなくていい。単にアプリそのものをゴミ箱に入れてアンインストールし、App Storeから再ダウンロードしてインストールし直せばいいだけなのだ。

という訳で、アプリケーションフォルダを開き、壊れているアプリを探す。
App is broken
ゴミ箱にドラッグ・アンド・ドロップしましょう。その後、念のためにゴミ箱の中身を完全に削除しましょう。
App is broken
App Storeに戻ると購入済みのアプリであれば「インストール」と表示されているはずなので、クリックして再インストールしましょう。元通りアプリが起動できるようになっているはず!
App is broken
関連ファイルを含む全てのファイルを削除しないのは、設定ファイルそのものもすべて消えるため。「Fantastical 2」のようにアプリを消すだけでも設定がすべて吹っ飛ぶ場合もあるが、消えないアプリもあるのでまずはアプリ単体のアンインストール・再インストールを試すことをオススメする!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ