新型「MacBook Air (Early 2015)」のSSDベンチマークスコアが公開

Macbookair 13 2015 【img via Other World Computing Blog

新型「MacBook Air」のプロセッサー性能は旧モデルと比べて新しくなったものの、劇的な差はなかった。これは恐らく「Broadwell」がパフォーマンスの向上よりもパフォーマンスを落とさずに駆動時間を伸ばすことのフォーカスしたプロセッサーだからではないかと思われる。


では、従来機の2倍にも高速化されたと言われているフラッシュストレージ(SSD)の性能はどうだろうか。Other World Computing Blogがディスクの性能を測定するツール「QuickBench」で最新の13インチ型「MacBook Air (Early 2015)」のSSDベンチマークスコアを測定していたので、その結果を紹介する!

2014年モデルと比べてSSDの性能は飛躍的に向上

まずは今回OWCがテストした13インチ型「MacBoook Air (Early 2015)」のスペックをチェック。

  • CPU:1.6GHz Intel Core i5
  • RAM:4GB
  • SSD:256GB
  • GPU:Intel HD Graphics 6000

最新モデルで測定したSSDベンチマーク結果は以下の通り。読み込み速度が平均して1380MB/s〜1410MB/s、書き込み速度が1204MB/s〜1240MB/sとなっている。

Macbookair 13 2015 30 【img via Other World Computing Blog

旧モデルと比較するとどうなのか。Appleちゃんねるによると、Appleが発表した通り、読み込み速度・書き込み速度ともに旧モデルと比べてSSDのパフォーマンスが飛躍的に伸びていることが分かる。

Owc speed test 【img via Appleちゃんねる

SSDの読み書き速度が向上することは普段使っていてその違いが明確に分かるはず。これまでの「MacBook Air」シリーズの中で最もキビキビと動作するのではないだろうか。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via Appleちゃんねる

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー