新型「MacBook Pro」、MagSafeのようなUSB-Cアダプタを同梱か

2016 MacBook 1.3GHz
MagSafeは最高だ。

マグネット式のお陰で着脱が楽。万が一誰かが充電コードに足を引っ掛けてしまったとしてもコードがMac本体から簡単に外れるため、Mac本体が引きずられずに済むというメリットがあった。

残念ながら次期ノート型MacからはMagSafeが廃止され、全てのポートがUSB-Cになると噂されているが、どうやらAppleは代替案を用意しているらしい!

AppleInsiderが入手したKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の投資家に向けた情報によると、Appleは新型「MacBook Pro」にMagSafeのようなUSB-Cアダプタを用意する可能性があると伝えている!

搭載されるチップはSkylake、2TBオプションも用意か

USB-Cは非常に便利なポートだ。Lightningケーブルのように上下どちらでも取り付けられ、本体を充電するために使うこともできれば外部ポートとして出力用として使うこともできる。

次期モデルは「Thunderbolt 3」規格に対応し、12インチ型MacBookに搭載されているUSB-Cポートよりもパワーアップ.「USB 3.1」、「DisplayPort 1.2」「PCI Express 3.0」との互換性を持ち、伝送速度は「Thunderbolt 2」の2倍に当たる40Gbps。1本のケーブルで4Kディスプレイを60Hzで2枚出力することができるようになる。


良いこと尽くしに思えるUSB-Cだが、問題は抜き差しが面倒だということ。もちろん、普通のケーブルだと考えれば至って普通なのだが、充電用ポートとしてはMagSafeに勝るものはないだろう。

ケーブルを近づければマグネットのお陰でピタッと接続し、少し引っ張れば端子から外れる。

今回報じられている情報によると、AppleはUSB-CをMagSafeのように使えるアダプタを用意しているという。既にGriffenが似たようなアクセサリを販売しているが、アダプタを可能な限り薄くしてもらいたいところ。


他にも新型「MacBook Pro」はIntelの最新チップである「Kaby Lake」ではなく、1世代前の「Skylake」を搭載する見通し。2TBのSSDオプションが用意される他、ディスプレイは酸化物半導体TFT(Oxide TFT)を使用。ディスプレイの解像度は現行モデルと変わらないという。


「Magic Toolbar」と呼ばれている新型「MacBook Pro」のタッチバーだが、Kuo氏によると通常のプロセッサとは別のプロセッサを用意するとのこと。「Apple Watch」に内蔵されたプロセッサに近いと言及していることから、最新モデルの「S2」チップまたは「S2」チップをカスタマイズしたプロセッサが別途搭載されるのかもしれない。

真相は現地時間10月27日(木)10時から、日本時間2016年10月28日(金)深夜2時からスタートするスペシャルイベント「hello again」で明らかになる!MagSafe風アダプタ、絶対同梱してくれよな!

gori.meではスペシャルイベントの最新情報をFacebookページTwitterアカウントプッシュ通知Feedlyで配信しているので、フォローして頂いていない人はこの機会に是非!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった