「MacBook Pro (Late 2016)」、Time Machineバックアップ作成時にクラッシュ・フリーズする不具合

MacBook Pro Late2016 15inch model
僕の買ったばかりの新しい15インチ型「MacBook Pro」の調子が悪い。いや、ハッキリ言って絶不調だ。

その理由が明らかになった。どうやらMacBook Pro (Late 2016)」で「Time Machine」バックアップを作成しようとするとMac全体がクラッシュまたはフリーズする不具合が報告されていることが明らかになった!

エラー「CATERR detected! No MCA data found.」

これはMacRumorsのフォーラムAppleの公式サポートフォーラムでも複数の投稿が見られている。




かく言う僕ももともと旧Macから引き継いだ「Time Machine」バックアップをそのまま使おうとしてバックアップが開始されず。挙句の果てに外付けドライブを一度初期化してバックアップの取得を試みたところ、Macが起動中はなんとかバックアップを取得してくれたものの、一度スリープすると復帰せずにクラッシュ。

再起動後も外付けドライブを取り付けたままだとシステムがしばらくしてフリーズし、操作不可に。当然、トラックパッドも感圧タッチ式なので押すことができず、電源ボタン長押しで強制終了し、外付けドライブを抜いてから再度電源を入れると無事使うことができる。

「macOSの問題レポート」として下記のようなエラーメッセージが表示されている。

“*** MCA Error Report ***
CPU Machine Check Architecture Error Dump (CPU: Intel(R) Core(TM) i7-6020U CPU @ 2.90GHz, CPUID: 0x506E3)
CATERR detected! No MCA data found.”

なお、使用している外付けドライブは「LaCie 4TB d2 Thunderbolt 2/USB 3.0 Hard Drive」。アダプタとして「Apple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を使用して15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」に接続していた。

既にGPUの不具合3本指ドラッグの不具合が確認されている最新モデル。近々ソフトウェアアップデートですべて修正してくれることを願う。


(via AAPL Ch.

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ