「MacBook Pro」の2017年モデル、IGZO液晶パネルを採用か

Macbook pro retina display
Appleは2017年後半に発売予定の「MacBook Proには現在使用しているアモルファスシリコン液晶パネルではなく、IGZO液晶パネルに移行する計画があるDigitimesが報じている。

シャープは早ければ2017年半ばまでにIGZO液晶パネルを提供する予定となっていて、「MacBook Pro」用の液晶ディスプレイ調達量は2016年の880万台から970万台まで増加する見通し。

ところで、そもそもIGZO液晶パネルとは一体何なのか。そして、「MacBook Pro」の2017年モデルに搭載されると何がどう変わるのか。

消費電力の大幅削減が魅力、新モデルは電池持ちに期待

製造元であるシャープの公式ホームページには下記のような説明がある。

IGZOは、シャープが世界で初めて量産化に成功した、人の手によって創り出された透明な酸化物半導体。In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)により構成され、今までの半導体ではできなかったことを可能にする、革新的なテクノロジーです。


特徴としては、アモルファスシリコンと比較して約20〜50倍の電流を流すことができることからディスプレイが高繊細化することができるように。タッチパネルの操作性も向上し、細いペン先にも反応することができる。

最大のメリットは消費電力を大幅に低減できること。公式ページには以下の説明が書かれている。

従来は静止画の場合でもデータを書き換えていましたが、IGZOでは電流がOFFの状態でも一定期間データの書き換えをせずに画像を保持できるため、ディスプレイ消費電力を5分の1から10分の1に減らすことに成功。液晶ディスプレイの長時間駆動に大きく貢献することができます。


MacBook Pro (Late 2016)」の電池持ちを批判する声は多く、公称値を大幅に下回る人も少なくない。実際、僕自身も電池持ちに関しては期待外れと言わざるを得ない。

IGZO液晶パネルを採用することによってディスプレイ部分をより薄くできる可能性もあるが、2016年に大幅なデザインリニューアルを実施したことから2017年のモデルは外観に変化がある可能性は低い。現状、これ以上の薄型化はユーザーから求められているようには見受けられないので、IGZO液晶の消費電力削減効果を最大限活用してもらいたいところ。

2017年発売の「MacBook Pro」は最大32GBのRAMを搭載可能になるという噂もある。

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!



(via MacRumors

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ