「OS X El Capitan」の注目機能5つをまとめた動画が公開

OS X El Capitan
個人的に非常に気になっている次期OS Xこと「OS X El Capitan」。全体的な動作も安定し、Macライフがより快適になりそうな予感がする。


基本的にはパフォーマンスの向上と安定化にフォーカスしたアップデート内容となっているが、新機能が無いわけではない。先日、「Split View」と新しくなった「Mission Control」のデモ動画を紹介したが、9To5Macの動画担当Dom EspositoさんがOS X El Capitan」の注目機能を5つにまとめていたので、紹介する!

地味ながら便利になる機能が盛り沢山!

今回Domさんがまとめていた注目の新機能5つは「Mission Control」「Split View」「Spotlight」「Safari」「メモ」の5つ。12インチ型MacBookにインストールし、実際に使っている様子を紹介しているので、以下からどうぞご覧あれ!



それぞれの機能について簡単に解説しておく!

Mission Control

El Capitan Mission Control
先日も紹介した通り、「OS X El Capitan」の「Mission Control」は細い操作性が改善され使いやすくなった。「Space Bar」にドラッグ・アンド・ドロップするだけでフルスクリーンモードとして新規スペースを作成できるのは地味に便利だ。

フルスクリーンモードのアプリケーションに2つ目のアプリを入れようとすると次に紹介する「Split View」に自動的に切り替わるのも地味ながら良くできている。

Split View

El Capitan Split View
2つのアプリケーションをフルスクリーンモードにして並べて表示できる機能が「Split View」。それぞれのアプリケーションに集中しながら他のアプリケーションに邪魔されず、画面を最大限活用することができることが魅力だ。

Spotlight

El Capitan Spotlight
自然言語処理に対応し、話しかけるような言葉使いで検索しても求めている検索結果に辿り着けるという便利さがある。天気やスポーツの試合速報、YouTube動画の検索などにも対応している。

Safari

El Capitan Pinned Tabs
ピン留め機能にようやく対応することが発表されたSafari。他にもオーディオが再生されているタブを一目で確認できるようになった他、タブごとに消音にすることもできる。またしても地味ながら便利な機能だ。

メモ

El Capitan Notes
iOS 9」でもそうだが、メモアプリが今までよりも便利になり、使い勝手が向上した。まるでApple純正のEvernoteのように画像の取り込みやリッチテキストの対応、チェックリストの作成が可能になるなどより便利になった。

起動が高速でUIもシンプルなので僕自身もちょっとしたメモをするのに活用しているが、シンプルさをそのままに機能が充実するのは大歓迎だ。新OSになってからは今まで以上に活用するかもしれない。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法