【OS X Yosemite】ウィンドウ左上にある緑色ボタンは「フルスクリーン」に!「最大化」する方法もある!

「OS X Yosemite」から緑色のボタンをクリックするとそのウィンドウをフルスクリーン表示するように変更されている。
OS X Yosemite」からはウィンドウのデザインも変更されたが、実は機能も変更されている。

ウィンドウの左上にある、信号のカラーをした3つのボタン。赤いボタンは「ウィンドウを閉じる」、黄色いボタンは「ウィンドウを最小化する」、そして緑色のボタンは「ウィンドウを最大化する」という機能を持っていたが、「OS X Yosemite」から緑色のボタンをクリックするとそのウィンドウをフルスクリーン表示するように変更されている。


「これだと困る、ウィンドウの最大化する方法が知りたい」という人は以下の方法でウィンドウを最大化することができる!

「alt/option」キーを押しながら緑色のボタンをクリック

やり方は簡単。緑色のボタンを押す時、同時に「alt/option」キーを押すだけ。するとウィンドウはフルスクリーンではなく、最大化される。

Window controls 【img via Apple

実はこの時、アイコンも微妙に変わっている。デフォルト(フルスクリーン表示)だと三角形が右上と左下を指しているデザインだが、「alt/option」キーを押した時は「+」マークが表示される。

OS X Yosemite」を使いこなすTipsをチェック!

オススメ
「OS X Yosemite」から緑色のボタンをクリックするとそのウィンドウをフルスクリーン表示するように変更されている。

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告