シャープ、スマホ向けに4K解像度の5.5インチ型IGZO液晶を開発中

SHARP IGZO 2
iPhone 6 Plus」の解像度は1,920 x 1,080ピクセル、ピクセル密度は401ppi。これがシャープの技術力で夢の4Kになるかもしれない!

Techblog.grによると、シャープは4K解像度(3,840×2,160ピクセル)を実現した、スマートフォン向け5.5インチIGZOディスプレイを開発中であることを示す資料が公開されている!

解像度3,840×2,160ピクセル、ピクセル密度806ppi

「IGZOによる高繊細化への取り組み」と題されたスライド資料の中には5.5インチ型UHD(4K)の開発を進めていることが紹介されている。ピクセル密度は806ppi以上。肉眼でピクセルを判別するのはもう不可能だろう。

SHARP IGZO Presentation 【img via Techblog.gr

公開された別の資料によると、現在開発中のの4K液晶は2016年中に量産する見通し。来年発売されるスマートフォンは4K液晶が標準になるか?!

(via juggly.cn

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった