Meizuの最新スマホ「MX5」が「iPhone 6 Plus」に酷似していると話題

Meizu MX5 iPhone Copycat
中華系メーカー「Meizu(魅族科技)」が発表した最新のフラグシップモデルがどこかで見たことあるというか、手元にあるデバイスにそっくりというか……。


本日、Meizuは同社の最新スマートフォン「MX5」発表した見た目が「iPhone 6 Plus」に驚くほど似ているので、「iPhone 6 Plus」との仕様を比較しつつ、紹介する!

ハードウェアはどこまでもそっくり!ソフトウェアも!

Meizuは2003年に設立された中国のメーカー。Wikipediaによると当初はデジタルオーディオプレイヤーを製造していたが、2007年からスマートフォンに着手するようになったとのこと。

最近の僕の中のAppleパクリ・キングはXiaomiだったが、Xiaomiの「Mi 4」が「iPhone 5s」に限りなく似ていると笑っていたことが恥ずかしくなるぐらい、Meizuの「MX5」は「iPhone 6 Plus」にそっくり。よくぞここまでコピーしたと逆に褒めたくなるぐらいだ。

まずは全体のデザインからご覧頂こう。底面を見ると間違いなく「iPhone 6」シリーズを意識したと言わざるを得ない作りになっている。実機を実際に撮った写真ではないので正確には分からないが、「Galaxy S6」シリーズよりは整ったデザインに仕上がっている予感。

Meizu MX5 iPhone Copycat
ボタンの配置は違えど、広めのホームボタン、そして細長い音量ボタンと電源ボタンは「iPhone 6 Plus」にそっくり。筐体の端が丸みを帯びているのも似ているが、均等に丸みを帯びていないように見受けられるため、どちらかというと「iPad Air 2」の方がデザインとしては近いかもしれない。

Meizu MX5 iPhone Copycat
「Galaxy S6」の指紋認証機能とキーボードが「iPhone 6」と似過ぎだと伝えたが、「MX5」の指紋認証システムもそっくりだ。製品画像もそっくりで笑える。

Meizu MX5 iPhone Copycat

「MX5」と「iPhone 6 Plus」のスペック・仕様比較

見た目は「iPhone 6 Plus」にそっくりな「MX5」だが、スペックに関しては少なくとも紙面上では「iPhone 6 Plus」を大きく上回るハイスペックマシーンとなっている。

ディスプレイは5.5インチで、8コアのプロセッサーと3GBのRAMを搭載。カメラはf2.2の2,070万画素カメラを搭載。以下に「iPhone 6 Plus」と比較したので、参考にどうぞ!

MX5iPhone 6 Plus
OSAndroid 5.0 + Flyme 4.5 UIiOS 8
ディスプレイ5.5インチ(1920×1080)5.7インチ(1920×1080)
CPU2.2GHz MediaTek Helio X10 8コア プロセッサ(64bit)A8(64bit)
M8(モーションコプロセッサー)
RAM3GB1GB
縦幅140mm158.1mm
横幅75mm77.8mm
厚さ7.6mm7.1mm
重さ149g129g
カラーグレイ
ゴールド
シルバー
ブラック・シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
カメラf2.2
2,070万画素
デュアルトーンフラッシュ
f値2.2
800万画素
True Toneフラッシュ
指紋センサーmTouch 2.0Touch ID
ストレージ16GB
32GB
64GB
16GB
64GB
128GB
電池容量3,150mAh2,915mAh

ところでこの「MX5」が「iPhone 6 Plus」よりも圧倒的に勝る点がある。それはその価格。現在国内で「iPhone 6 Plus」を購入しようとした場合、一括で10万円近く掛かってしまうが、「MX5」はたった290ドル(約3.5万円)で購入できる。限りなく似たデザインと申し分無さそうなスペックを持つ端末を非常にリーズナブルな値段で手に入れることができる。

低価格で満足できる製品が手に入れられるのであればユーザーとしては文句はない。売れ行きがどの程度になるのか、注目だ。

(via Cult Of Android

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー