【残念無念】みんなが絶賛する運動用Bluetoothイヤフォン「JayBird BlueBuds X」、僕にはどうしても合わなかった

Jaybird bluebuds x
多くの人が運動用のBluetoothイヤフォンとして絶賛する「JayBird BlueBuds X」。昨年末にたまたまセール価格で販売されていたので、ほぼ毎日ジョギングしている僕としてすかさず購入。到着を楽しみにしていた。

自宅に届き、その日のランニングで早速試してみたが、どうも僕には合わなかった。1週間ほど試し、どうしても好きになれなかったので、返却することにした。

ほとんどの人は「JayBird BlueBuds X」を快適に使っているかもしれないが、そうならなかった僕の感想を参考意見として残しておく!

見た目がサイバーチックで格好良い!普段用として使えるレベル

僕は普段ランニング用イヤフォンとして「SENNHEISER(ゼンハイザー) MX685 SPORTS」を使っている。フィット感も抜群で音質も良好。実質言うことはないのだが、1つ挙げるとすればワイヤードであること。できるのであればワイヤレスのイヤフォンが欲しいということで「JayBird BlueBuds X」を購入してみることにした。

箱の裏を見ると付け方などが細く書かれている。見せる取扱説明書とはなかなかオシャレである。
Jaybird bluebuds x
中を開けると迫力ある男性の写真と共に本体ごお披露目!パッケージもかなり格好良い。
Jaybird bluebuds x
箱を開けてみた。本体、ケース、そして取扱説明書が同梱されている。
Jaybird bluebuds x
JayBird BlueBuds X」にイヤピースなど何も付けない状態だとこのような感じに。
Jaybird bluebuds x
早速イヤピースを取り付けてみた。羽のような形をしているピースは耳の中で固定するためのパーツ。「SENNHEISER(ゼンハイザー) MX685 SPORTS」にもあるが、フィット感が増し運動している時にずれなくて便利だ。
Jaybird bluebuds x
Jaybird bluebuds x
もう一つ「JayBird BlueBuds X」が気になっていた理由として、リモコン付きマイクを搭載している点。流れている曲をスキップしたい時に重宝する。
Jaybird bluebuds x
充電は後ろをパカっと開けてmicroUSB経由で行う。
Jaybird bluebuds x
付属している「JayBird BlueBuds X」専用の充電ケーブルが無駄に格好良い。これだけ持ち歩きたい。
Jaybird bluebuds x
ケースも随分と洒落ている。小さいイヤピースなどもこの中に入れておけばなくす心配もなくなるだろう。
Jaybird bluebuds x

僕には付け心地とフィット感が合わなかった

実際に使ってみたところ、デザインはよく、音質もBluetoothであることを忘れさせるほどのクオリティで文句なし。それでも僕は「JayBird BlueBuds X」を返品することにした。

なぜか。

一言で言うとフィット感が合わなかったから。

僕はかなり新陳代謝が良い方だ。ストレス発散と身体の絞り込みを兼ねて走っているので8km弱走ると全身から汗が湧き出る。僕だけかもしれないが、耳の中もほんのりと汗で湿ってくる。

JayBird BlueBuds X」はカナル型イヤフォンの中でもイヤピースを耳を奥の方までしっかりと挿入するタイプだ。普段汗をかいていない時に使う分には問題ないが、運動をしていると汗がイヤピースに付着し、付け心地が一気に悪くなってしまう。

イヤピースを変えたり、羽型のピースを取り外したり、色々と試してみたが、どれもしっくり来るものはなく、仕方なく送り返すことにした。

これはあくまでも僕自身の使用感。買うべきか否かは他にもレビューした人の意見を参考に検討してくださいな!

参考に、「JayBird BlueBuds X」が気に入ったという人のレビュー記事を載せておく!ご覧あれ!





オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法