【レビュー】ワイヤレスヘッドホン初心者向け!Bluetooth 4.0対応「Jabra Move Wireless」を買ってみた!

Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
iPhone 6 Plus」を使うように鳴ってからポケットからiPhoneを出すのが面倒になってきた。サイズのせいでイヤホンやヘッドホンのコードを刺していると歩きづらい上に邪魔だ。下記記事によると、「iPhone 6 Plus」を買って1週間で既にワイヤレスヘッドホンを欲しがっていた。


ただ、なかなか良いワイヤレスヘッドホンに出会えていない。なのでこれは色々と買ってみて試すしかないと思い、セールになっている製品を中心に購入して試してみることに。

昨日は「Jabra STEP WIRELESS」を紹介した。


本日は、同じくJabra製のワイヤレスヘッドホン「Jabra Move Wireless」を買ってみたので紹介する!

ワイヤレスヘッドフォンのエントリーモデル!音質もそこそこ!

僕がヘッドホンに求めているのは好みの音質だけではなく、付け心地、そしてデザイン性だ。ヘッドホンはわざわざバッグの中に入れず首に掛けていることが多いため、見た目は非常に重要。そして長時間付けていることが多いため、本体の軽さも大事だ。

ここにワイヤレスという条件を加えると一気に選択肢が減ってしまう。それは分かっているが、とにかくワイヤレスが快適すぎるのだ。多少音質を妥協してでもワイヤレスにしたい思いが強いのだ。

この条件を満たすことができるヘッドホンになかなか出会えない。よって、今回は音質は妥協し、エントリーモデルに近いワイヤレスヘッドホンを試してみることにした!

届いた「Jabra Move Wireless」の中身は本体と充電用ケーブル、有線コード、そして取扱説明書。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
これが「Jabra Move Wireless」!折り畳むこともできないが、いかにもエントリーモデルというシンプルでポップな作り。嫌いではない。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
ボタンを隠す気もなく、そのまま配置しているのは逆に良い。気負わずにおもちゃのような感覚で持つことができる気軽さが良い。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
こちがら左のイヤピース。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
上に音量ボタンと多機能ボタン、そして下にイヤホンジャックがある。電池が切れた場合、有線接続で引き続き音楽を楽しむことができる。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
「Jabra Move Wireless」はボタンが非常にシンプルにまとまっているのだが、操作に癖があるのが難点。音量ボタンをそれぞれ長押しで次の曲・前の曲になるように設定されているため、iPhoneのリモコンマイクとは異なる仕様になっている。これは物凄く使い勝手が悪く、連続で曲飛ばしができない。もはや設計ミスではないかと疑いたくなるほどユーザビリティが悪い。

ヘッドホンのバンド部分。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
引き伸ばして調整することが可能。ただし、付けたまま変えるのは少し難しい。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
頭に触れる部分はファブリック素材が使われていてスポーティ!付け心地は良く、触り心地も良いので気に入っている。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
こちら右耳型。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
そして右耳のイヤピース。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
右側には電源ボタンと充電用のMicro USBポートがある。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
イヤピースは少し固めの素材が採用されている。長時間付けていると多少耳に負担が掛かる。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
中に「L」と「R」が書かれているのが良い。左右逆に付けてしまうと音楽が台無しになってしまうので、このように見やすくなっているのは嬉しい。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン
Bluetoothに接続することによって音声による説明がヘッドホンから流れる仕組みになっている。
Jabra MOVE Wireless Bluetooth 4.0対応ワイヤレスヘッドホン

値段相応のワイヤレスヘッドフォン「Jabra Move Wireless」

なかなか好みのワイヤレスヘッドホンに出会うことができない僕だが、「Jabra Move Wireless」は期待以上ではないが、期待を下回ることもなく、値段相応のワイヤレスヘッドホンという結論に至った。

音質は低音が多めだが、それほど低音が多すぎて他の音が聴こえなくなるほどではない。やはり音の輪郭はハッキリしているとは言い難くこもっている印象を受けるが、中高音域が全体的にパリっとしてくれると低音がこれほどあっても良さそうだ。低音がバリバリ聴こえる曲は非常に栄える。

例としてP!NKの「Raise Your Glass」はこのヘッドホンと相性が良かった!バスドラとベースラインがハッキリとしている曲は栄えるようだ。


STEP WIRELESS」と違い、音飛びは全くない。再生されるまでにタイムラグがあることもあるが、使う上で気になるほどではない。

見た目も派手で良い。デザイン性は高いとは言えないが、これも値段相応ではないだろうか。

よって、「Jabra Move Wireless」はワイヤレスヘッドホンのエントリーモデル的位置づけという結論に至った。それなりにファッション性もあり、音質もそこそこ。値段もそこそこなので手が出しやすいかもしれない。勢いで買ってみたものの、僕は意外と気に入っている。しばらくはこれで音楽を楽しみたいと思う!

気になる人は以下からどうぞ!




余談だが、エントリーモデルとして紹介せずにはいられないのは「Meelectronics Air-Fi Runaway」。これは「Jabra Move Wireless」よりも価格も安く、作りも安っぽいが、付け心地は抜群で音はそこそこ良い。


「最近ワイヤレスヘッドホンが欲しいけどさすがにいきなり1万円以上出すのは不安…」という人はこの「Meelectronics Air-Fi Runaway」を試してみるのもありかもしれない。

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法