高級スポーツヘッドホン「Parrot Zik Sport」が登場!心拍計や歩数計、ノイズキャンセリング機能も搭載

Parrot zik sport
僕は「Parrot Zik 2.0」の大ファンだ。外出する時、集中したい時、周りの音をシャットアウトしたい時、「Parrot Zik 2.0」を取り出して耳に当てる。心地良い付け心地と僕好みの音質を自由に楽しむことができる。


そんなParrotから「CES 2015」にて新しいヘッドホンが発表されたようだ。ただし今回は普段使い用ではなく、スポーツ用。「Parrot Zik Sport」は「Parrot Zik 2.0」の良さを引き継ぎつつ、運動用ヘッドホンならではの機能を搭載している、非常に気になるヘッドホンだ!

専用アプリで心拍数や歩数も測定可能

「Parrot Zik Sport」は重さ70gBluetooth 4.0対応運動用ヘッドホン。まだプロトタイプとして「CES 2015」に出展されていたようだが、デザインなどは試作機から大きくは変わらない予定。

「Parrot Zik 2.0」と同じように専用アプリと同期して利用することを想定。ヘッドホンのイヤピース内にセンサーが内蔵されているため、心拍数や走っているペースなどを確認することができる。

Parrot zik sport
Parrotの強みであるノイズキャンセリング機能も搭載。「Parrot Zik 2.0」のようにアプリで制御可能となっていて、周りの音がしっかりと聞こえるようになる「ストリートモード」にも対応。

Parrot zik sport 【img via The Verge

音質については「Parrot Zik 2.0」と変わらない、とのこと。だとすれば、超高級運動用ヘッドホンになる可能性は極めて高い。価格は明らかになっていないが、発売は2015年後半になる見通し。

Parrot zik sport 【img via The Verge

The Vergeによる簡単なハンズオン動画、そしてParrot公式の動画が公開されていたので、いかにに載せておく。





僕はほぼ毎日ランニングをしているので物凄く気になっているが、「Parrot Zik 2.0」が4万円以上もすることを考えると、2万円は切らないような予感。これまで運動用ヘッドホンを1年以上使い続けられた経験がないことから、さすがに手を出しづらいなあ…。


(via The Verge

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!