台風7号、関東・首都圏には16日夕方から17日朝に掛けて最接近へ

Typhoon 7 【image via tenki.jp

会社にいる皆さん、学校にいる皆さん。本日は早めの帰宅を強くオススメします!

日本気象協会によると、現在日本に接近している台風7号は関東・首都圏に16日夕方から17日朝に掛けて直撃する見通しとなっていて、帰宅時間に影響を及ぼす可能性がありそうだ。

雷を伴った激しい雨が降り、局地的に滝のような雨も

首都圏の学生や会社員の皆さんは要注意だ。午前6時時点の情報によると、中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとのこと。


16日夕方から17日朝にかけて雷を伴う激しい雨が降る他、一部地域は滝のような豪雨に見舞われる可能性もあるという。「夜は傘が役に立たないかもしれません」と伝えられていることから、可能な限り早めの帰宅を目指した方が良さそうだ。レインコートやブーツの活用が勧められているが、持っていない人の方が多いよなあ。

台風7号の状況 【image via tenki.jp

関東地方において、17日午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで250ミリ。交通機関への影響だけではなく、河川の雑炊や反乱、土砂災害などにも注意が必要だ。

雨のピークは夜から明け方にかけて、風は夜遅くから

台風7号は関東付近まで来ると一気に加速し、雨や風が強まるとされている。逆に言えば雨や風が強まるということは大ピンチということだ。

台風7号のピーク 【image via tenki.jp

2016年8月16日15時53分時点の情報によると、雨のピークは16日夜から17日明け方にかけて風のピークは16日夜遅くから17日の朝にかけて、と案内されている。道路が川のようになったり、マンホールから水が吹き出したり、沿岸部では立っていられないほどの強風が予想されている。

間違いなく交通機関に影響は出ると思われるので、電車の中で長時間閉じ込められるということがないように、早めの帰宅を目指しましょう。

(via tenki.jp

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 「iOS 10.2 Beta 7 / Public Beta 7」、配信開始
  3. App Store、2016年11月に過去最高の売上高を記録
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. ポケモンGO、新ポケモンの追加を12月12日に発表することを正式に予告