Twitter、アプリインストール広告を正式にリリース!全世界でサービス提供開始!

App Download From Twitter Timeline
今後Twitterのタイムライン上にアプリインストール広告を目にする機会が増えるかもしれない!


本日、Twitterは以前からテストしていたアプリインストール広告を正式リリースしたことを発表した!広告主はターゲットユーザーのTwitterタイムライン上にアプリを表示させ、App StoreやGoogle Playに遷移せずに直接タイムライン上からインストールする仕組みが利用可能となる。

キーワードや性別、言語など細くターゲティングすることが可能

公式ブログによると、サービスを提供開始したアプリインストール広告は「興味関心」「キーワード」「テレビターゲティングと視聴者連動」だけではなく、「性別」「位置情報」「言語」「モバイルプラットフォーム」によって絞り込むことも可能。アプリをインストールする際に一度App Storeに飛ぶのではなく、タイムラインから直接インストールことができるのも魅力の1つだ。

出稿するとインプレッション数やインストール数はTwitterの提供する管理画面で確認することが可能。料金はCPAC(Cost Per App Click:アプリクリック単価型)を採用。広告を経由してApp StoreやGoogle Playを開いた場合、もしくはTwitterのタイムライン内で直接アプリをインストールした場合にのみ料金が発生する。

全体の概要については以下の動画にまとめられているので、載せておく!



Twitterのアプリインストール広告に興味がある場合はTwitterヘルプセンターからどうぞ!

(via 9To5Mac

オススメ
map_image.png

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  3. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  4. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. Mac-Storage-Technique.jpg
    【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法