Twitter、ブロックしたアカウントはリツイートもリプライも非表示に

Twitter New Block
Twitterでは不愉快な人を「ブロック」することができるが、これまでは相手を「ブロック」しても相手からリプライを受けることや相手のツイートを誰かがリツイートした際は自分のタイムラインに表示される仕様となっていた。

本日、Twitterはこの仕様を変更し、「ブロック」機能を強化したことを発表した!今後はユーザーをブロックした場合、そのユーザーのツイートは一切表示されなくなり、リプライを受けることもできなくなる

「ブロック」した相手はTLから完全にシャットアウト

新しい「ブロック」機能は強力だ。自分のタイムラインから完全にシャットアウトすることができるようになる。

Blocking accounts on twitter
A君がB君をブロックした場合、B君はA君をフォローやダイレクトメッセージを送ることができないだけではなく、公開タイムライン上におけるリプライを飛ばすことさえも許されない

A君のタイムラインにはB君のツイートは、リツイートを含めてすべて非表示になる。B君のタイムラインにもA君のツイートは一切表示されなくなる。


なお、特定のアカウントのツイートを非表示にするだけであれば「ミュート」機能で十分。「ブロック」すると相手に分かってしまうが、「ミュート」の場合は相手には分からないというメリットもある。

Twitterでは互いの顔が見えないことを良いことに平気で暴言を吐き捨てる人がいる。「何か嫌なことでもあったのかな」と軽く受け流す心の広さも大事かもしれないが、執拗に絡んでくるアカウントに関しては無理に我慢せず、効果が強力になった「ブロック」機能を活用した方が精神衛生上良いかもしれない。

(via ITmedia

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法