Vine、投稿可能な動画の長さを最大6秒から最大140秒まで延長

Vine 3d touch
6秒動画でお馴染みのVineがついに動画の秒数制限を大幅に緩和した!

本日、Vineは投稿可能な動画の長さを6秒から140秒まで延長したことを発表した

ボタンタップで最大140秒の動画が視聴可能に

140秒の動画をループ、となるといくら何でも長過ぎる上にそもそもループするイメージが沸かないかもしれないが、今回、Vineが発表した変更は新たに追加される「Watch More」ボタンをユーザーがタップすると最大140秒までの動画が視聴できるという仕組み。2分以上も投稿できるようになれば表現の幅が広がるだろう。

また、これまではインラインで再生することしかできなかったVineだが、今回のアップデートではiPhoneを横向きに回転させることによってフルスクリーン再生も可能になるという。

Vineの発表と同時にTwitterも投稿可能な動画の長さを最大30秒から同じく最大140秒まで延長したことが明らかになっている。各SNSで動画が盛り上がる中、Twitterとしてもクリエイターが動画を投稿したくなるプラットフォームを目指し、今回の変更に踏み切ったと見られる。

他にも動画作成ツールやマネタイズ方法などについて進めているとのこと。最近はFacebookやSnapchatなどのプラットフォームが盛り上がりを見せている中、サービス開始から4年越しの大幅な仕様変更によってVine動画が盛り上がりを見せるのか、注目される。


(via The Verge

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!