「watchOS 2」、正式にリリース!ネイティブアプリもついに解放

watchOS-2.jpg
本日、Appleは直前でリリースを延期したwatchOS 2」を配布開始した!


Apple Watch」を「watchOS 2」にアップデートする方法は続きからどうぞ!今回は母艦となるiPhoneが「iOS 9」にアップデートされていないと「watchOS 2」にアップデートできないので注意が必要だ。

Apple Watch」のアップデート条件と方法

Apple Watch」をアップデートするための条件

iPhoneのように自由が効かない「Apple Watch」のOSアップデート。以下の条件を満たしていることを確認した上で、アップデートするべし!

  • 「Apple Watch」がiPhoneの通信圏内にある
  • 「Apple Watch」が充電器に接続されている
  • 「Apple Watch」が50%以上充電されている

「Apple Watchをアップデートする方法

上記条件をクリアできたのであれば、いざアップデート!「watchOS 2」にアップデートする方法は以下の通り:

  1. 母艦となるiPhoneを「iOS 9」にアップデート
  2. iPhoneで「Apple Watch」アプリを起動
  3. 「一般 > ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「ダウンロードとインストール」をタップ
  5. iPhoneのパスコードを入力
  6. 利用規約に同意し、ダウンロードとインストールを待つ

基本的には「Apple Watch」本体を使わずにiPhoneの「Apple Watch」アプリを使用してアップデートを行う仕組み。アップデートそのものはサクッと終わるものではなく、少々時間が掛かることが想定されるため、余裕を持って行うべし!

Apple公式サイトApple Watchの各モデルとアクセサリをチェック!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法