Apple、「WWDC 2014」の会場設営を早速開始!巨大バナーが登場!

WWDC 2014 banners
基調講演の様子ライブストリーミング配信することが発表された「WWDC 2014」。


当日まで1週間を切ってしまったが、会場となるMosconde Westでは恒例の巨大バナーが設置開始され、設営準備が進められているようだ!iOSVlog Dailyが提供した会場の写真を9To5Macが取り上げていたので、紹介する!

基調講演は日本時間2014年6月3日深夜2時から!

WWDC 2014」で発表が予想される内容についてはこの記事で大体まとめてあるが、「iOS 8」と「OS X 10.10」の内容が大変を占めるのではないかと思われる。特に「OS X 10.10」に関してはかつて無いほど大規模なアップデートになるとも言われているため、多くの時間を割いて説明されるのではないかと思われる。

先日伝えた「スマートホームプラットフォーム」構想に関しても何かしら触れられる可能性が高いが、どのような流れで紹介するのかは不明。「iOS 8」の一機能として取り上げるのだろうか。


新しいハードウェアも発表される可能性もあると言われているが、完全に新しいアップデートではなく、最近出荷に遅れが発生している「iMac」の新型や先日アップデートされた「MacBook Air」と同様の変更が加えられた「MacBook Pro」シリーズのことを指しているのではないかと予想している。


以下、会場設営準備中の様子を写した写真を載せておく!

WWDC 2014 banners
WWDC 2014 banners
WWDC 2014 banners
WWDC 2014 banners
WWDC 2014 banners
(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法