正式表記、変更!「Watch OS」から「watchOS」になることが発覚

Moscone Center(watchOS)

「Watch OS」ではなく、「watchOS」が正式表記になるようだ。

本日、MacStoriesが公開した「WWDC 2015」の会場であるMoscone Centerの会場2階内部の写真に「iOS」「OS X」に加えて、「watchOS」と書かれたバナーが登場し、その表記が話題となっている。

「WWDC」アプリでも「watchOS」と記されている

これまで「Watch OS」として明記されていた「Apple Watch」用OSだが、「WWDC 2015」を期に「watchOS」という表記に変更するようだ。ネイティブアプリ用「Watch Kit」を「WWDC 2015」で発表することは明らかになっているため、タイミングとしても良かったのかもしれない。

「WWDC」アプリから講演内容など見たい情報をフィルタリングするための「Filter」ボタンをタップすると表示されているのはやはり「iOS」「OS X」「watchOS」となっている。

WatchOS

よって、今後は「Watch OS」ではなく、「watchOS」が正式表記になると思われる。

「WWDC 2015」直前!現時点で分かっている情報・噂の総まとめ

(via 9To5Mac