正式表記、変更!「Watch OS」から「watchOS」になることが発覚

Moscone Center(watchOS)
「Watch OS」ではなく、「watchOS」が正式表記になるようだ。

本日、MacStoriesが公開した「WWDC 2015」の会場であるMoscone Centerの会場2階内部の写真に「iOS」「OS X」に加えて、「watchOS」と書かれたバナーが登場し、その表記が話題となっている。

「WWDC」アプリでも「watchOS」と記されている

これまで「Watch OS」として明記されていた「Apple Watch」用OSだが、「WWDC 2015」を期に「watchOS」という表記に変更するようだ。ネイティブアプリ用「Watch Kit」を「WWDC 2015」で発表することは明らかになっているため、タイミングとしても良かったのかもしれない。

「WWDC」アプリから講演内容など見たい情報をフィルタリングするための「Filter」ボタンをタップすると表示されているのはやはり「iOS」「OS X」「watchOS」となっている。

WatchOS
よって、今後は「Watch OS」ではなく、「watchOS」が正式表記になると思われる。

「WWDC 2015」直前!現時点で分かっている情報・噂の総まとめ



(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に