「iOS 7」の普及率は85%、「iOS 6」と合わせると97%!一方「Android 4.4 KitKat」と言ったら…

Adoption score iOS
iPhoneやiPad、iPod touchを使っている人のほとんどが最新のOSを使っているらしい!これがどれだけ凄いことなのかは、Androidと比較すれば一目瞭然!

「iOS 7」が正式リリースされたのは2013年9月18日Appleの調べによると、発表から約半年しか経っていないのにも関わらず、全iOSデバイスの85%を占めるそうだ!

iOS 7」と「iOS 6」合わせて97%!なのにAndroidは…

この調査は2014年3月17日から23日までの1週間におけるiOSの普及率を調査したもの。「iOS 7」の普及率に加え、「iOS 6」を足し合わせると97%にもなるそうだ!iOSデバイス保有者のほとんどが最新のOSもしくは1世代前のOSを使っているとのこと。

一方、AndroidのOS別普及率は以下の通り。

Adoption score Android
最新バージョンである「Android 4.4 KitKat」は全Androidデバイスの2.5%程度。1つ前のバージョンである「Jelly Bean」は6割になるが、それでも「iOS 7」には届かない。

意外と見落とされがちではあるが、iOSの魅力は常にユーザーに対して最新のOSバージョンを配布することができることなのかもしれない。

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった