布団コンピューティングを快適に!iPadなどのタブレットを立て掛けられる「IPEVO PadPillow クッションスタンド」

PadPillow

布団でMacBookやiPadを使うことを “布団コンピューティング” と呼んでいる。皆さんも2013年使っていきましょう!

そんな布団コンピューティングに最適な、iPadなどのタブレットを立て掛けられる「IPEVO PadPillow クッションスタンド」をご提供頂きました!IPEVOさん、ありがとうございます!

では早速紹介する!!

「IPEVO PadPillow クッションスタンド」の外見

まずはクッションの外見から!僕が頂いたのはブルーデニムカラーのもの。僕の愛用しているSinji Pouchもデニム柄なので嬉しい!
PadPillow

クッションに付いている張り紙に基本的な使い方が紹介されている。ふむふむ。
PadPillow

IPEVO tools for the connected world.」の文字が!素敵なキャッチコピーだね!
PadPillow

横から見るとこんな感じ。寝転がって使うしても膝の上に置くにしてもちょうどいい傾斜が付いている。
PadPillow

後ろから見たところ。
PadPillow

傾斜となっている部分を広げて使うことも可能。ワイヤレスキーボードを使う場合はこの状態で使うと便利そう!
PadPillow

iPad miniを置いてみた!

では早速使ってみることに!まずは僕がここ最近寝る前に使っているiPad miniを置いてみる。縦置きにすると若干クッションの上からはみ出すぐらいの大きさ。
PadPillow

横置きにするとクッションがとても大きく見えるが実際そんなことはない。
PadPillow

先ほど紹介した文字が刻印している部分が滑り止めとして役立つ!
PadPillow

iPad 2を置いてみた!

次に、2年目にしてデスクの上でゆったりとした老後生活を過ごしているiPad 2を置いてみた。さすがにiPad miniより大きいだけあって上からは結構はみ出る。
PadPillow

横向きに置くと調度良く収まる!
PadPillow

ただiPad miniより重い分、枕の部分が若干浮いてしまうようだ。立つことには変わりないので僕はまったく気にならないが。
PadPillow

iPad miniとiPad 2を並べてみた!

せっかく2台ともあるので並べてみようと思い、意味もなく両方とも並べてみた!こんな使い方をしたくて「IPEVO PadPillow クッションスタンド」を買う人がいるとは思えないが、参考にどうぞ!ちなみに、商品とはまったく関係ないが、iPad miniとiPad 2は同じ解像度なのでディスプレイサイズ派9.7インチと7.9インチという差があるものの表示されている情報量はまったく同じであることにも注目してもらいたい。
PadPillow

2台設置しても滑り止めはしっかりその役目を果たしてくれている!ナイスファイト!
PadPillow

布団コンピューティングに最適なクッションだ!

寝る前にちょっとブラウジングをしたりTwitterやFacebookを見てから眠りにつく人も多いようだ。

このクッションを使うと日頃の寝る前の時間が快適になる。広げて使っていればそのまま眠りについてもちょっとした枕としても利用可能!

意外とこれまでありそうでなかった布団コンピューティング用のクッション。カラーバリエーションも豊富なので興味あれば以下からどうぞ!