ソフトバンクとヤフーによるモバイル決済サービス「PayPay」がスタート

Paypay start

ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayは10月5日、モバイル決済サービス「PayPay」の提供を開始した。アプリのダウンロードは無料。

「PaypPay」はQRコードやバーコードを利用し、決済できるサービス。予め銀行口座からチャージした電池マネーによる支払いと、クレジットカードによる支払いが利用できる。電子マネーはYahoo!マネー銀行口座からチャージしたPayPay専用の電子マネーの2種類に対応。

決済方法としては、店舗側がレジ付近などに提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る方式(ユーザー読み取り方式)と、ユーザーが提示したバーコードやQRコードを店舗のレジでスキャンする方式(店舗読み取り方式)の2つが用意されている。

新規登録でもれなく500円の残高をプレゼント

ITmediaによると、PayPayは飲食大手のモンテローザが展開する「白木屋」「魚民」「笑笑」「月の宴」やワタミの「和民」「TGIフライデーズ」「ミライザカ」などの飲食店から、メガネスーパー、ウィンザーラケットショップ、ジーンズメイトなど、合計2,500店舗以上にて順次利用可能になるとのこと。

PayPayのサービス開始に伴い、「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済サービスは近日中に終了する。

サービス開始を記念し、新規登録で残高500円をプレゼントするキャンペーンが実施されているので、モバイル決済サービスに抵抗がない人はこちらからアプリをダウンロードしておくべし!

あわせて読みたい