サクッとツイート!アプリランチャー「Alfred」の拡張機能「AlfredTweet」はTwitter好きに超オススメ!

AlfredTweet

私生活が常にTwitterでダダ漏れのg.O.R.i(@planetofgori)デス!

僕は作業中でもふと思いついたことを忘れる前にサクッとツイートしたい。これまでは「QuickTweet」を愛用してきたが、調べてみたところMac用アプリランチャー「Alfred」のTwitter拡張機能「AlfredTweet」があることを知ったので、紹介する!これはめちゃくちゃ便利だ!

「AlfredTweet」をダウンロードしよう!

早速「AlfredTweet」をダウンロードしよう!下記リンクに「Download AlfredTweet 1.4」というリンクが下の方にあるので、それをクリックしてファイルをダウンロード。ファイルを置く場所はデスクトップとかで問題なし。

AlfredTweet – David Ferguson

その後のインストール方法は「MacBook Air とWordPressでこうなった」さんの下記記事をどうぞ!僕もこのページを参考にしてインストールした!

Alfred でサクッとつぶやいてみる(Twitter との連携) その1 – 導入・設定 | MacBook Air とWordPressでこうなったDownload AlfredTweet 1.4 …

「AlfredTweet」で利用できるキーボードショートカット

インストールが完了したらツイートしてみよう!「tw(半角スペース)(投稿したい内容)」という形が基本になるが、他にもiTunesで聴いている曲をツイートしたり、ユーザーのフォロー・アンフォローもできる高機能ぶり。下記にまとめたので、参考にどうぞ!

コマンド 内容
tw <tweet> ツイートする
dm <user> user宛にダイレクトメッセージを送る
tw playing iTunesで再生している曲をつぶやく
tw tweets 最新の5件のTLを表示する
tw mentions 最新の5件のメンションを表示する
tw info <user> userのプロフィールを表示する
tw follow <user> userをフォローする
tw unfollow <user> userをフォローを解除する
tw create <name> nameというリストを新規作成する
tw delete <name> nameというリストを削除する
tw lists すべてのリストを表示する
tw block <user> userをブロックする
tw unblock <user> userをブロック解除する
tw search <term> termというキーワードをTwitter検索する
tw reset 認証情報をリセットする

よくツイートするAlfredユーザーには超オススメ!

僕が利用するMacにはすべてAlfredのPowerPackが入っていて、アプリの起動からファイルの検索まですべてAlfredを通して使っている。

今回「AlfredTweet」を入れたことによってAlfredからツイートすることもできるようになったので、Alfredがますます手放せなくなってきた!皆さんも是非お試しあれ!!

Mac用アプリケーションランチャー「Alfred」を便利に使いこなす5つのTips | gori.me

キーボードだけで操作!Alfredでファイルやフォルダを任意のアプリケーションで開く方法! | gori.me

MacとiPhoneから簡単に自分のブログ内を検索できるようにする方法 | gori.me